新着Pick
266Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
良いサービス。引っ越しだけではなく、財布紛失とかの対応もこれで出来るとよいなー。
人気 Picker
今回は、「デジタル化により我々の生活するアナログ空間をより良きものにする」具体例として、多くの方が手続の面倒さを実感したことのある「引越し手続」のワンストップサービスを目指した取り組みについて紹介します。

サプライサイドの思考ではなく、利用者視点に立ったサービスになるよう、デザイン思考を徹底して、民間事業者の協力を得ながら取り組んでいる様子をお伝えします。
平井さんが大臣になってから、ITやクールジャパンに対する内閣府の動きが変わった感じがします。平井大臣の任期中になにができるかが勝負、って感じ。7月の選挙の後、平井大臣が替割らないことを祈る。
前職 Microsoft で16~7年前に自治体を担当していた頃、Office に XMLが実装されて InfoPath のような Product も出てきて、まさに引越し手続きのワンストップサービス化に向けて議論をしていましたが、その頃から全く進化していないですよね。役所や関連機関をたらい回しにされて、住所と名前をペンで書きまくらなくてはいけない。

同じ自治体の中でも部局が縦割りでシステム間の情報連携が難しく、ましてや都道府県を跨った引っ越し手続きは、明らかに工夫の余地があるのに不便なままです。

MS時代に上司だった大井川さんが、茨城県知事になられて、昨年に庁内の決済がほぼ100%電子化になったというニュースがありました。
https://www.fnn.jp/posts/00367101HDK
トップが代わったことが影響した好例です。

ITに精通している平井さんが大臣になられたことで、明らかにITが貢献出来る現場の課題が解決していくとよいですね。
顧客体験でサービスの再定義は、世の中に追いついた霞が関。この実現をAPIエコノミーで非中央集権でやってくれれば世の中をリードできるか…「このことに気づいたのは、内閣官房IT総合戦略室が開催したサービスデザインワークショップによるところが大きい。これは、サービスを体験する利用者の視点から、サービス全体をよりよく設計するための手法で、これまでの霞が関では考えられない検討手法だ。」
行政手続きなどが面倒なのは、引っ越しだけではありません。
結婚、離婚も女性にとっては、とても手間がかかる手続きが多々あり、本当に煩わしいです。
それを一括で出来るようになればどんなに楽か。。。
夫婦別姓の議論と合わせて、行政手続き手続き等も簡易化することを検討して頂きたいです。
私も結婚してから、7回引っ越ししていますが、まあ、面倒くさいですね。行政サービスだけではなく、様々な民間サービスに登録しており、その住所を更新するのも面倒くさいです。ネットで終わるものであれば、良いですが、本当に引っ越ししたのかを確認するために、郵送されてきた書類に記載するものもありますから。それらが1回で済むようになればありがたいです。

少しでも簡略化されるようなサービス作りが望まれます。頑張って欲しいです!

引用>引越しポータルは、引越しに関するサービスを提供しながら、適切なタイミングで、利用者が引越しに伴う手続ができるように誘導する。何度も何度も繰り返し同じ情報を書き続けるわずらわしさは、ぜひとも解消させたい。
そもそも窓口に行かなくていいようにしてください