[フランクフルト 16日 ロイター] - 「空飛ぶタクシー」の開発を進めるドイツのベンチャー企業「Lilium Aviation(リリウム・アビエーション)」は、5人乗りの電動小型飛行機の初飛行に成功した。

同社は、2015年にミュンヘン工科大学出身のダニエル・ウィーガンド氏とその友人3人が設立。空港で面倒なチェックイン手続きなどをする必要がない空飛ぶタクシーのサービスを2025年までに開始するため、電動小型飛行機を開発している。

共同創設者で最高経営責任者(CEO)のウィーガンド氏は「大量生産のモデルとなる飛行機を2年以内に設計・開発し、飛行させることが可能だ」と述べた。

これまで、欧州のベンチャーキャピタル、アトミコや、中国のインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>、LGTなどの投資家から約1億ドル調達している。

2017年には2人乗りの電動飛行機のテスト飛行に成功している。