新着Pick
156Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
既定路線。前回スナール会長が来日した際に、両者で続投の合意がなされたということで理解していた。経営統合よりも日産再建を急ぎその成果を持って西川CEO責任を果たすという絵姿。企業ガバナンスとして本当にこれでいいかという疑問は強いが、これが日産の選択。後は本当に西川CEOが再建経営に集中できるのか、波乱も多いことが懸念される。
西川社長の続投は既定路線ですが、半期程度で改革の芽がふいてこないと、ザワザワしてくると思います。
西川社長は、それこそnoteなりなんなりで、自身のバックグラウンドや今の思いを綴った方が、世間の見方は少しでもマシになりと思うんですけどね。
日産のコーポレートサイトを見ましたが、適時開示等は出ていないですね。
日産は、未だに監査役会設置会社ですが、委員会設置会社には移行せずに、単純に取締役の過半数を社外取締役にするだけでしょうか?

確かに、ゴーン氏逮捕からばたばたで、今後の経営体制についてじっくりルノー経営陣と話をする時間もなかったのでしょう。ルノーが了解していれば、株主総会は承認されるでしょうから、しばらくは外部からは様子見ですね。
日産の足元で露呈している苦境の原因に西川さんが関与していないわけではないだけに、相当の覚悟があると想像します。
 今後ルノーとの関係構築以前の問題としてリストラも不可避と思います。そのためにしっかりしたリーダーシップを発揮できるのかどうか、まずは株主総会で新しい役員体制がどの程度の支持を集めるのかが試金石になりそうですね。
「日産自動車が、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)を6月の定時株主総会以降も続投させる方針を固めたことが16日、分かった。」(記事引用)

NISSANの第二創業物語の創造を始められるか。これからが勝負であり、真価を問われる。一経営トップのこととしてだけでなく、企業体(組織文化)の集合的知性を社員一人ひとりがいかに発揮していくか。それがNISSANの真価となる。これは西川さんの「右腕」となる人がけん引していくミッションかもしれない。
頑張って立て直してください。

ルノーの方々。
これ以上、混乱させないという意味ではこれしかないかなとも思いますが、新生?日産はどんな会社をめざすのか、次のビジョンが見たいところです。
ここで辞めたらクーデターが失敗したと思われるからでしょうか?
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
3.29 兆円

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。グループの日産自動車(およびその傘下の三菱自動車)やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社である。 ウィキペディア

業績