新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2005年にリンクアンドモチベーション傘下のリンクスポーツエンタテインメントとして、複数のバスケットボールチームへの組織力強化、モチベーション向上のコンサルティングサポートをさせてもらっていました。当時はあいにくリーグとして盛り上げるというよりは、個別最適に動く各チームが独自に努力しているに留まっていました。今や、リーグとして魅力的な演出や選手の露出を含むメディアのサポートなど、全体最適で価値を高める流れに乗った印象です。このプロセスから学べることは、計り知れず、引き続き注目して紐解いていきたいと思っています。

現時点で私が理解出来る範囲では、下記によりうまく成功への運動論が醸成されていると思います。

・ビッグピクチャー: 対立軸より上位の共通目標の打ち出し
・プロセス: Jリーグ成功から得た中長期での変革ステップ
・レギュレーション: 全体最適で持続可能な制度設計
・エバンジェリスト: 田臥や富樫のようなリーグの顔の存在
・ストロングリーダーシップ: 川淵氏による勝ちパターンの移植

これらは、M&Aなどを経て多様な組織を束ねていくグループ経営にも活きるナレッジだと思います。
これまでスポーツ界の多くは競技強化ばかりに力を注いできたが、事業面を土台に回していくことで普及、強化の効果は大きくなる。そんなバスケの先進的な取り組みを、スポーツ好きの方々はもちろん、いろんな競技団体やビジネスのヒントになればと企画しました。八村選手はNBAの1巡目指名となると、大谷翔平、井上尚弥、大坂なおみクラスのスターになっていくでしょうか。日本バスケはこれをどうプラスにつなげていくかにも注目。余談ですが、東京五輪のバスケ予選のチケットがお買い得の値段なのでオススメです。
熊本は3年連続で、「あと一歩」を味合わされて(今年など、あと一点!)悔しくて悔しくて仕方ないが、確実に市民には広がって盛り上がっている。
偉大な川淵さんの構想された「地域に根ざしたスポーツ」として、バスケも定着していくと感じている。
それにしても川淵さんは偉大だなあ。
ここであまり触れられていませんが、ウィンターカップは大きな可能性を感じます。大河さんのインタビューでもクラブチームも併せた全国選手権の可能性にも触れられていますね。
https://newspicks.com/news/3882010/body/

甲子園のような聖地があればベストですが、なくても米NCAAのMarch Madnessのような盛り上がりを作れるのではないかと。何より女子が強いし裾野が広いのも魅力です。
日本のバスケ界は間違いなくもっと盛り上がるし。
bリーグはビジネス的にもポテンシャルしかないと思います。
アジアのスター選手が集まるリーグに育つことが出来ればもっと楽しくなるのになと個人的には思ってます。

日本のバスケ界の盛り上げに少しでも貢献したい。
個人スポーツではテニスとゴルフ。チームスポーツではサッカーとバスケがグローバルスポーツの代表となる。

日本でもバスケ人気の予感。
楽しみなシリーズ。明日以降に期待。先行したプロリーグである野球、サッカーとの比較があればわかりやすいと思います。
バスケのビジネスとしての成長ポテンシャルはかなり大きいと思っています。今後アリーナが整備されてくれば、それが如実に現れてくるのではないでしょうか。
3ポイントが始まったころからのルールじゃなくて、意外に最近でビックリ…
スーパースター、国内リーグ、ジャイアントキリング
この連載について
2016年に始まったBリーグ、八村塁の1巡目指名が確実なNBAドラフト、13年ぶりのW杯出場、そして来年には44年ぶりのオリンピック出場が控える中、若者を中心に盛り上がるバスケブームの仕掛け人たちの戦略を学ぶ。