新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
justInCaseの肝心のところが全く触れられてないのでもったいないのてすが、
・アプリインストールして加入(紙の申込書不要)
・アプリが加速度センサなどで利用スタイルからリスクを判定
・それに基づいて保険料を割引
・いざ割れてしまった時の保険金請求もアプリから申し込むだけ(紙不要)
というところがほかの少額短期保険事業者と比べても画期的です。
ミニ保険は、フィンテック先進国の中国でも市場が急速に広がっています。多いのは、個人向けに直接販売するのではなく、サービス提供者が付加価値としてユーザには無料で提供しているミニ保険。たとえば、最近多いのが、フードデリバリーで配達が予定時刻より遅れたら一定の補償を受けられるとか。

ある特定のサービス用途に特化した少額保険は、既存の大手保険会社がいちいち設計するほどではないことが多い上、商品設計にはそのサービスの利用データが欠かせないので、データ分析に強くて保険設計をサービス提供者向けに手がけるベンチャー、などがけっこう出てきています。
(↓あくまで私見、個人的な感想です)
https://newspicks.com/news/3893009

https://newspicks.com/news/3871162
保険はより金額が手頃なものもより簡単に入れるものも増えていますが、その分実際に保険事故が起きたのにも関わらず請求するを忘れてしまうということも大いにあると思うので、何に入ってるか家族で把握できるようにしておかないとですね。。