新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
受験生の事情も人それぞれなので、個別対応というのは正しいやり方で誠意も感じられます。

どこかの大学が、不合格者に一律の金額を支払ったケースよりはるかにいいと思います。

金額はさておき、個々の事情をきちんと斟酌する姿勢は評価すべきでしょう。
これは対応が大変ですね。
「不合格となり予備校や他大学に通った」場合というのは明確かなと思いますが、医学生の道を諦めてしまった場合の機会損失はどのような補償になるのでしょうか。
医師を志していて、その素質があったにも関わらず、直接的ないし間接的に今回の一件に接して、医師になる道をとりやめた方、諦めた方も少なくないのではないかと想像します。そのことによる医学界にとっての損失や学生個人への心理的な負担、時間的損失などを考えると、金額の話がバカバカしくすら思えてきてしまいます。

直接的損害を受けた方への誠心誠意と、医学部の信頼回復のために、何が求められているのか。そんな頭の使い方が必要とされているのではないかと思います。