新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファッションレンタルについてやシェアリングについてではなく、「サスティナビリティ」というキーワードでご取材いただきました。

日本は実はサスティナビリティがすごく合うと思います。
そんな考えを話させていただきました。

ご取材ありがとうございます。
サステナブルでありながら、本業とのシナジーを作っていく取り組みを実現するにはのはなかなか困難ですが、「シェアクローゼット(shareCloset)」はシナジーがうめているようですね。

「選択→購入(決済)→使用」の顧客時間のうち、使用までつながれている企業、特にアパレル企業はほぼ存在しません。
エアークローゼットのサービスは、選択の部分で、これまで出合えなかった洋服と出合える体験がある。レンタル→返却のサイクルがあるから、使用(着用)の手助けと、「実際に着用してどうだったのか」「そもそも着用されたのか」というデータを回収し、それをその顧客の提案にいかすことができる。
サブスク、レンタルの切り口で見られがちですが、このサイクル自体が素晴らしいと感じます。

そして、次に目をつけたのが、顧客のクローゼットから放出される服。廃棄を減らすだけなく、想いもつないでいく。
シェアクローゼットの今後の広がりは、とても興味深い結果が生まれそうです。楽しみです。