新着Pick
834Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
加盟店側からするとQRの分散は手間でしかなく、本来便利なツールなのがオペレーションの煩雑化になってしまうので、統一化は大歓迎です。
日本でQRコード決済の便利さを実感したのは、栃木の実家に戻ったときに、草木の手入れをする業者さんを読んだとき。Pay Pay対応とホームページに出ていたので、言ってみたら、QRコードをプリントアウトした紙を出されてスキャンして、料金を払って支払い終了。キャッシュレスが全然進んでいない町で、しかも金額もそれなりに大きかったので、これはこれで便利だなと。

日常的に電車を利用する東京などの大都市はFeliCaが圧倒的に便利ですが(私も帰国時はほぼFeliCaでQRコードはキャンペーンとかのメリットがあるときや、QRコードのみ対応という店舗でしか使わない)、そうではない地方の各都市でもない街のキャシュレス化は、確かにQRコードが重要かも。

乱立していると、「訳わからない。現金の方がわかりやすくてはいいね」となって普及しない要因になりそうなので、統一化はプラスの動きと感じました。

が、豊島恵太さんがコメントで指摘するように、よく読むと特定企業が開発したものだけの報道なので、いきなり統一化となる訳でないですね。更なる統一や利便性向上は、長期的にみていく必要がありそうです。
共通化のメリットが大きい会社の集まり。
PayPayと楽天に声を掛けたのかは分かりませんが、この2社にしてみれば、多額の投資をして獲得した店舗を、共通化の名のもとに明け渡す形。
共通化を推進する側のメリットが大き過ぎる。

この状況だったら、PayPayと楽天が共通化するのが一番良いのではないか。
決済方式(カード系(クレジット、デビット、IC)、QRコードなど)に加え、サービス会社毎にQRコードの種類が違っていては、消費者・店舗の両方にとって不便で、普及の妨げになってしまいます。

中国でも、アリペイとウィーチャットペイが両方使えるQRコードもあります。

今後は、淘汰やアライアンスなどを通じて、QRコードの数は減っていくと思います。理想としてはやはり一つのQRコードで全ての会社のサービスを利用できるようになることですね。
QRを表示するアプリも、統一して欲しいですが、なかなか難しいですよね。
毎回、レジ前で、LINE PayかPayPayかRakuten PAYかPontaで悩んだあと、立ち上げているので、意外と時間がかかってしまうんですよねー。
内容をよく読むと、統一QRではなく、デジタルガレージが作ったスキームに5社がのるという話では?日本の統一QRはJPQRですから、乱立先が増えただけのような。
LINE、メルカリ、ドコモと中国2社とのことですが、主要陣営としては楽天とpaypayの名前がないですが、ここはまとまらなかったのか今後のって来るのかは注目ですね
これは大きな一歩。他の参画も期待したい。
ーー
LINEとメルカリ、NTTドコモの国内3社に、アリババの「支付宝(アリペイ)」や騰訊控股(テンセント)の「微信支付(ウィーチャットペイ)」の中国大手2社も参画
中国でもLINE PAY使えるようになると日本人的にはとても便利でええですけどね。
中国では、ウィーチャットペイとアリペイのQRコードは、とっくに共通化進んでいますね

1つのQRコードが印刷されたパネルがレジに置かれていて、スキャンすればどちらでも支払い可能

ただ、やっぱり多いのは、こちらの支払いQRを表示して、店側のQRリーダーでスキャンさせて支払うパターンですね。

前者の場合は、利用者が自分で金額入力
後者の場合は、自動で金額が確定されて支払い完了

利用者の利便性的には、後者の方が早くて便利に感じると思います

意識しないほどに微妙な差ですが
株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.70 兆円

業績