新着Pick
295Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実績は開示IR的にNGな気がする(後述)。今期予想は売上2250億円(YoY+1.1%)、営業利益32億円、当期利益7億円という黒字転換予想。

実績について、前回発表予想が親会社所有者当期利益-70億円以外が「-」となっているが、そのリリースを探しても見当たらない…
3Q末時点では売上2309億円、営業利益-33億円、親会社所有者当期利益-70億円。実績は売上2225億円(対3Q予想-84億円)、営業利益-93億円(-60億円)、親会社所有者当期利益-194億円(-124億円)。4Qで構造改革で93億円費用を追加している。
開示IR的にNGだと思うのが、構造改革費用の計上は投資判断に及ぼす影響が重要なものだと思い、それがいきなり今日決まるわけではないのに、事前の開示から親会社所有者当期利益でさえも下振れている。札証が東証のような売上±10%、利益±30%基準があるかは不明だが、下記の適時開示等に関する規則に準拠はしている。定量・定性、どちらの観点でも該当すると思うが、これまで開示なかった。

短信:http://bit.ly/2JnOMVh
予想・実績差異:http://bit.ly/2JnOJZB
上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則:http://bit.ly/2JlFb1g

<追記>AraiさんがコメントされているCFについて。期末が書かれているように営業CF-104億、投資CF-77億、財務CF187億。3Q末が営業CF-141億、投資CF-42億、財務CF267億。営業CFがQoQで改善したのは良いことかと。<追記終>
引き続き不振子会社の再建が急務。特に、中間持ち株会社であるRIZAPインベストメント傘下のグループ企業(SDエンターテイメント、ぱど、エス・ワイ・エス、創建ホームズ、五輪パッキング、日本文芸社、サンケイリビング新聞社など)の動向を注視していきたい
ちょっと忙しくて決算短信を見れないので、後でゆっくり見ます。
PLばかり説明をしているようですが、RIZAPグループで今見るべきはCFだと思います。
今回の決算で過去1年のCFは見れますが、向こう1年間のCFを予測するには貸借対照表、税効果会計の注記を読み込むことが重要です。
とりあえず、今日発表された決算短信によると、

営業CF 約マイナス108億円
投資CF 約マイナス77億円
現金等価物の期末残高は441億円です。
なんだ大丈夫じゃないか!!と思われるでしょうが、この期には354億円の増資をしています。
2020年3月期には増資は不可能だと思いますので、CFが改善しないと資金繰りがきつくなる可能性があるわけです。
ですから、税効果会計の注記とBSで、向こう1年間のCFをある程度予測することが重要かと思います(銀行的視点ですが)
本業が絶好調だと、だんだん気持ちよくなってきちゃって、あれもこれも!と手を出したくなるのは野心のある経営者だったらしかたないと思うんですね。

でも、私は単純に、ライザップの場合は本業に集中したほうがいいと思います。
絶妙の増資でした。これがなければ資金的にもBS的にもしんどかったですし、だからこそ外科手術ができたと思います。
あとで詳しい開示資料が出てからダウンサイドリスクがどれほど残っているかチェックしたいと思いますが、これ以上の赤字はおそらく株主は許さないと思います。
ライザップは、本業の営業利益が前期比3.5倍と言っているが、その金額は開示していない。前期も開示していない。
本業は好調だというアピールかもしれないが、100万円が350万円になっても3.5倍だ。

しかも銀行のコミットメントライン70億を設定しているが、
このレベルの事業規模でコミットメントラインが70億。

しかも、来期は必ず黒字と言っているが、預貯金が400億あって黒字化するならコミットメントラインを設定する意味ってなんなのかと訝ってしまう。

かなりヤバイ状況なのだけは間違いなさそう。
まあグループはガチャガチャやね
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,569 億円

業績