新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
家計の雇用や所得と純資産、企業の収益や設備稼働率が高水準にあるだけに、問題の焦点が、先行きの透明性に伴う支出行動の慎重化であることは言うまでもありません。

仮にBrexitや米中貿易摩擦にある程度の展望がひらけたとしても、ドイツにとっては、米国との自動車を中心とする通商交渉が控えているだけに、不透明性がなかなか払拭できない状況が続きます。