新着Pick
518Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
【Googleはショッピング体験を変えようとしている】

この記事では、Googleのショッピング体験の新しい提案や、人気のあるInstagram的なギャラリー広告の追加などが紹介されています。

Google Shoppingは小売業者や実店舗、Googleサイトからそのままの購入を選択できるようになり、Google経由での購入の場合、返品などの対応もしやすくなるそうです。

また検索や動画との連携にもより大きな期待ができ、メーカーは自社、あるいはYouTuberなどとともに、良質な動画をYouTubeに用意し、商品購入の前後にビデオが介在するようなショッピング体験が実現されることになるでしょう。

米国でGoogleは、スマートホーム製品などで「Enjoy」というデリバリーとセットアップを行うサービスを活用しています。枠さえあれば、購入した商品がその日のうちに届き、同時にセットアップまでしてくれるサービスを提供しています。

Nest Hub(旧Google Home Hub)とセキュリティカメラのNest CamをオーダーしたときにGoogleがEnjoyを通じて派遣してきた人は、若くて知識豊富で、スマートホーム設置のちょっとしたワガママや設定なども済ませて20分足らずで帰って行きました。

わかりやすい製品を作ることも大切ですが、その売り方や購入体験にも大きな可能性があることに気づかされた経験でした。

この記事ではオンラインでのショッピング体験について言及されていますが、Googleはオンラインだけでなく、リアルでも、既に体験を変えようとしている点には、注目しておくべきでしょう。
Instagramもショッピング機能が追加されましたが、YoutubeとECも確実に相性が良いですよね。昨日のタベリーの新機能もそうですが、サービスからシームレスに商品購入まで行えるというのは今後増えてきそうです。
献立アプリ「タベリー」のオンライン注文機能:https://jp.techcrunch.com/2019/05/14/10x-fundraising-250-m-yen/

オフラインの事例ですが、お店を探す際に44%の消費者が初期段階からGoogleマップを使用しているそうです。
ソース:https://www.gybo.com/downloads/search-listing-research.pdf
私も最近chromeではなくて、googleのアプリを使ってスマホは検索しているのですが、トップ画面にニュースをリコメンドしてくれるのでついつい見ちゃいます。ここにショッピング系が入ると確かにコンバージョンしそう。
商品検索ではAmazonのシェアがGoogleを上回っている。そこに危機感を覚えた施策です。

これまでもウォルマートと提携したり、Shoppingの見せ方を改良してきましたが、効果がなかった。

Amazonが強いのは、商品検索と商品のレビューチェック、そしてワンクリックで購入できること。さらにスピード配送。これにグーグルは勝てるでしょうか?
GOOGの最近の決算を見て、検索者の嗜好データの取り方の厚みが足りない気がしていただけに、当然の動きだと感じます。
https://newspicks.com/news/3861384
アンドロイドを押さえ、メールや位置情報、検索履歴を持っている強みを活かし、うまくゆけば金融とも結びつきそうです。楽天も目指している方向性だと思います。
 新しい広告と従来型検索広告との立ち位置とGOOGにとっての収益性の影響が気になるところですが、GOOGにとっては従来以上にコンバージョンがはっきりして良い上、この市場はまだまだ未開拓だと思いますのでGOOGとしてはやるべき動きという気がしました。
新しい広告。新しいビジネス。新しい消費行動。
全ての関係者が、理解するまで、少し時間がかかりそうなモデルですね。
Amazonはどんどん広告領域に向かい、GoogleはEC領域に向かう。どちらが勝算があるかわからないけど、ECデータに基づく広告は検索データに基づくものよりも、CVRは明らかに高いのだと思います。
YouTubeに購入機能。なんで、つけないのかなと思ってましたが、やっと搭載されますね!
ふむふむ