新着Pick

三菱地所、6500万株・1000億円を上限に自社株買い 発行株の4.68%

Reuters
[東京 14日 ロイター] - 三菱地所<8802.T>は14日、自己株式を除く発行済み株式総数の4.68%に当たる6500万株、取得総額1000億円を上限に自社株買いを行うと発表した。取得期間は5月15日から2020年3月31日。
20Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱地所の自社株買い。発行済株式の4.68%というのは小さく無いですね。
ちなみに、決算発表に合わせて買収防衛策の非更新と増配も発表しています。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190514425265.pdf
正直買収防止先が残っていたことに少し驚きましたが、海外株主が4割を占める状況では丸の内ムラの論理は通用しないという判断があると思います。
今回の決算シーズンではMHIと地所が良い意味で”らしくない”決算を出してきた印象です。
三菱地所株式会社(みつびしじしょ、英:Mitsubishi Estate Company,Limited)は、日本の大手不動産会社。総合デベロッパーとして、三井不動産と共に業界の双璧を成している。丸ビルや新丸ビル等のオフィスビルのプロパティマネジメントを担う三菱地所プロパティマネジメントや、住宅事業を担う三菱地所レジデンス、設計事業を担う三菱地所設計等をグループ内に有する。 ウィキペディア
時価総額
2.76 兆円

業績