新着Pick
2Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
2010年代以降、グローバル企業による市場競争の主戦場となったアジア・マーケット。近年は各国ユーザーの成熟に合わせ、日本のエンタテインメント企業の進出や意外な協業の話題が飛び込んでくるようになりました。

そんな中、エイベックスでもアジア・マーケットで現地の新人アーティスト発掘や日本発のイベントIPをアジアで積極的に展開するなど、転換期を見せています。アジア発でグローバルに活躍するアーティストやコンテンツが誕生するのも遠くないのではないでしょう。

そこで今回はエイベックスアジア代表取締役社長・髙橋俊太、台湾と北京の代表を務める宮崎伸滋、シンガポール法人責任者の藤田和巳の3人に、アジア・エンタメの今とこれからについて聞きました。
関連記事一覧
エイベックスの社食でタレントが働く理由 - 社内で顔が売れて仕事につながる
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
687Picks

元女子高生AI「りんな」、エイベックスでメジャーデビュー--“自然な歌声”のMV公開
CNET Japan
6Picks

ORICON NEWS:エイベックス、六本木に最新エンタメ施設オープンへ 新たなナイトカルチャー創出
毎日新聞
4Picks

エイベックス、配信者育成やVTuber事業のTWHを子会社化。音楽活動支援も
AV Watch
4Picks

エイベックス、クラウドゲームを手がける新会社エイベックス・テクノロジーズの設立を発表
GAME Watch
3Picks

エイベックス、子会社エイベックス・テクノロジーズを設立…クラウドとブロックチェーン技術を用いたゲーム、映像、音楽、VRなどのIPを企画・開発
Social Game Info
3Picks

エイベックスのアニメ事業、19年3月通期は赤字も足元復調 第4四半期は黒字転換 『ゾンビランドサガ』や『えいがのおそ松さん』など貢献
Social Game Info
3Picks

エイベックス、VTuber含む配信者支援企業を買収 音楽配信や活動をサポート
MoguraVR
3Picks

サガン鳥栖がエイベックス100%子会社のエンタメコインと提携を発表
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

元・女子高生AI「りんな」、エイベックスから歌手デビュー 人間の“息遣い”を再現
ITmedia NEWS
2Picks