新着Pick
2430Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
情報はタダではない。このことを知らない日本のビジネスマンは多い。海外のカンファレンスに行っても、インプット、事例集め好き。語学の問題はあるが、日本人から海外の人たちへのアウトプットが少なすぎる。登壇者もほとんどいない。
情報接待にもコストがかかっていること、いろいろきいて「ごっつあんです文化」は恥ずかしいからやめましょう。
そして、自信を持って、責任をもって日本から世界への情報発信を行いましょう。
これの個人バージョンで「表敬訪問」とか、「ご挨拶にお伺いしたい」というものがある。
例えば講演依頼。会の趣旨をご説明させていただくと先方は言うし、対面で依頼しないと失礼だと思うのかもしれないが、講演依頼の会の趣旨も、資料でもらって5分で読めば理解できる。質問あればこちらから電話なりメールなりで聞くので、対面で1時間の打ち合わせをする必要は、あまりない。
視察もヒアリングも同様。

「時は金なり」のスタートアップには、「表敬」や「挨拶」を受けている時間はない。だって、口座に残る残キャッシュを月々のバーンレートで割れば、明確に「余命」が出るんだから。
スタートアップの余命は、3年、4年ということはない。
長くても1年半である。その限られた「生きている時間」に、みんな結果を出そうと必死にやっている。


ビジネスはギブアンドテイクである。対等なパートナーシップ、win-winの関係の構築である。
相手の時間をテイクばかりするのではなく、自分たちが何をギブできるか、考えて準備していくのは最低限のマナーであろう。
小宮山さんがコメントされている通り、シリコンバレー他でも日本人のNATOはもう有名ですが、ことエストニアはそうではなくてアクションを起こす覚悟もあるのだ!!として行っても、かなりハードルが高いと思います。

私は昨年はマイブームがエストニアでしたので、一人で行って来ましたが、難しいなぁと思う理由は以下の通りです。

1.エストニアがIT立国になった歴史的背景、特にロシアとの関係をきちんと理解しないと、彼らのIT化の目的が正しく理解出来ない
https://youcanknowit-tech.com/2018/05/27/エストニア~it先進国になる宿命を負った国~/

2.エストニアは原則ロシア語は禁止されている国で、皆さん必至に英語を身につけています。ですから、英語くらい話せないと本気度が伝わらない
https://youcanknowit-tech.com/2018/06/21/キャッシュレスが帰結な国エストニア/

3.この記事にもありますが、彼らの国には需要がありません。ですから、最新のデジタルバンクソリューションなどは海外向けシステムです。しかしながら、日本の金融システムにはたくさんのガラパゴスがあり、残念ながら、彼らのシステムをそのまま日本で使えません。金融システムのJapanizationは私一度経験ありますが、相当タフです。
あと、英語力は必須です。
https://youcanknowit-tech.com/2018/06/27/エストニア-@money20-20-europe/

けれども、観光で行ってもとても魅力的な国です。
治安も基本的に安心出来ますので、まずは純粋に観光で行ってみたらどうでしょうか?それはおススメです。
アジア界隈でも日本企業はNATO(no action talk only)という風に言われているそうです。日本のスタートアップに対してすらそう思われはじめている事業会社もあるので、尚更グローバルだとそうだろう。
以前シリコンバレー界隈で起きたことが他国でも。当然のことながら、時間は有限であり、タダではない。特にヒトモノカネが限られ、ハイパーグロースを求めているスタートアップにとっては、何に時間を投下するかは死活問題。一番ひどいパターンは聞くだけ聞いて「参考になりました!」と帰ったあと、しばらくしたら似たような機能が先方のサイトに実装されていたり…

前職でシリコンバレー(に限らずですが)のスタートアップを訪問する際は、なるべく意味ある情報交換になるように努めていた。行く前にアプリをダウンロードし、ちょっとでも使ってみる。使いにくい点や日本人からしてみたら意味わからない機能などのフィードバックをする。もしくは、日本ではこういうアプリが流行っている等の新鮮な情報を持っていく。彼ら、彼女らはフィードバックをとても大切にしており、なぜならそれがプロダクトを良くすることを知っているから。「良いサービスですね!」では足らず「ここのこういう部分が良いし、日本でも受けると思う!」等々、なるべく具体的に言ってあげるのが大事。

後に大きくなって日本に参入するといったときに、意味ある意見を言っていれば必ず向こうから声をかけてくる。それがバリューを出すということだろう。
「その視察、ただの観光で終わっていませんか?」

学生時代にインドのマザーテレサの「死を待つ人の家」に2週間ボランティアに行った時のことを思い出しました。
毎日、数時間見学にきて写真を撮って満足して帰る日本人がなんと多いことか。
そして打ち解けた頃、現場のスタッフの方から、「ここでボランティアしたと就職活動で話すために来ているような日本人が多くて、悲しくなる」と伺いました。

今、私たちが東京で運営しているセンターにも、ただ見学にいらっしゃる方、お話を聞きたいとお問い合わせいただく方が多くいますが、現場は観光施設じゃない。

それは何のための訪問なのか。
見学をして、視察をして、満足していたらいけない。
エストニアに限らず、これから世界を回ろうとしている中で、はっとさせられる記事でした。
「シリコンバレーで「日本人お断り」のスタートアップが増えた理由」「イスラエルで「日本人お断り」のスタートアップが増えた理由」何の違和感もありません。物見遊山は不要ということです。
こうした指摘を受けて「スタートアップ訪問の場合は、彼らの時間を奪っている意識を持ち目的を持って行きましょう」というTipsで片付けてはダメで、海外訪問やスタートアップ訪問でもなくても、普段の日本国内の過ごし方自体を見直すべきです。ゆっくり時間が流れる日本国内の同僚や同業の中でもそういう意識で時間を使うことが大事だということだと思います。
メリケン(の大学)でも同じですねぇ、コレ 本当に見るだけなんですよね。。。


って思うことは時々ありますが、(見るだけでないご用事の場合は)ドンドンいらして下さいね

追記
あ、メリケンには手土産文化はございませんが、ニホンのお土産は素直にウレシイです:)
相手の時間を使うのであれば、それに見合った見返りを用意するのが基本である。企業を訪問するなら、ビジネスの可能性がかなり高い確率であるから、訪問するのでなければ意味がない。
だってわざわざ訪問するんですよ!ネットやスカイプミーティングでは得られないほど大事なことがなきゃダメでしょう?

「彼らが訪問客と会う理由は、その先にビジネスの機会を見出しているからに過ぎない。ただでさえ労働力が不足している国である。観光ガイドをしているほど、彼らに時間の余裕などない。家族を大切にする分、残業は滅多にしないエストニア人にとっては尚更だ。」