新着Pick
365Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東大出身でベースフード(https://basefood.co.jp/)を創業している橋本です。この場合は東大発ベンチャーにはカウントされていませんね。

起業の少ない日本の中で東大が1番なだけで、毎年毎年3,000名以上の学生が入学する中で、271社はまだ少ないと思います。東大が引っ張って日本全体の起業を増やして欲しいと思います。

一方で、起業は一発逆転のためだけではなく、キャリアの延長線上にあるもの、にもなってきたのだと思います。
当記事のネタ元の経産省調査資料のP9にあるように、代表者の年齢は、60代が最も多く(4割)、40-50代と併せて8割に上ります。ので、現役東大生の起業が多いというわけではなく、東大の研究成果をもとに起業された会社が多いですね。
https://www.meti.go.jp/policy/innovation_corp/start-ups/h30venturereport_gaiyou.pdf

オフィシャルな大学発の定義によらず東大出身の起業家とカウントしても、どんどん増えていますが、それでも200-300社のレンジでした(当社調べ)まだこれからもっと増えると思います。
一見すると堅くて古臭そうなイメージあるかもですが、最先端の研究と良い意味で意識高い学生が多いのも東大の特長です。
その特長が関係者の皆さんの努力を通じて形になっていることはOBとして嬉しいです。東大の学生の意識も私がいた頃からかなり変わってきたのではと思います。
卒業生として個人的にも協力していけたらと思っています。
東大京大はじめトップ大学が揃いも揃ってベンチャー創出や産学連携に汗をかかないといけない現状…国立大学法人化以降、外から稼がないといけなくなったので学術の殻に閉じこもることは半ば強制的に許されなくなったわけで、あとはそれぞれの大学が持つリソースと、ベンチャー支援策の巧拙の結果が出てきているのだと思います。

先日、スタンフォードに客員研究員として行っている知り合いと話をしたのですが、米でもハーバードがベンチャー創出をガンガンやっているわけでもないし、大学ごとに色があってもよいのでは、なんて話をしていましたね…
2018年度、大学発ベンチャーが2,278社は感覚値よりもだいぶ多い。
上場は64社、合計時価総額は2.6兆、2016年度の調査以降MAされたのは16社で、MAはここ2年間で比較的少ない印象。
案件の大型がが進む中、小粒のMAがステップアップとしての立ち位置が確立されるともっとビッグピクチャーを描ける人が増えてくるのではないかという印象です。
東大は予算が大きいので在学中にしっかりと準備できるのが大きいのではないでしょうかね。
もちろん自頭の違いはあるのかもしれませんが、ベンチャーは頭だけではできません。東大は特に情報が集まるとか、資金の調達が楽とか、なにか有利な点があるのではないでしょうか?
本気でやったらそうなるわな
昨日、財界のかたがたがなぜ日本はシリコンバレーのようなベンチャー気質が乏しいのかとおっしゃるので、スタンフォード大学がないからだと答えました。でも、東大ががんばって成果を上げているので、希望はある。iUは学生全員に起業させる。とも付け加えました。
1位東大、2位京大、3位筑波、4位阪大、5位東北大
国立の名門が上位独占。
偏差値ではないとは言われますが、まあ、
頭いい人が多い方がベンチャーとかも増えますよね。
11位デジハリが入っているところがすごい。
研究室の研究実績を社会実装するために、スピンアウトして学内ベンチャー作る流れが主流だろうから、学生自身がベンチャー作って、学内VCが投資するみたいな流れがもっとあってもいいと思う!