新着Pick
1010Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
経験値が半端ない、ですね。
「本質は一つしかない」という結論に、経験からたどり着いている。
一方で、「かぼちゃの馬車」から、松下幸之助まで、勉強している様子もわかります。
複数の国で不動産に限らず、大きな額の投資を経験していて、抽象化して語れるという希少性。
不動産を数えられないくらい所有する人は存在しますが、普通は表に出てきません。
「不動産×テック」は楽しみな領域のひとつです。
> 「日本の不動産にはすごく特殊なところもあります。住宅ローンも「リコースローン」です。つまり、無限保証です。2000万円融資したら、それは何があろうと返してくれと。

(中略)

その一方で、海外は一般的に「ノンリコースローン」で、物件さえ最終的に明け渡せば、個人負債が残らないというのが大原則なんです。」

日本の住宅ローンは、リコースローンであるものの、低金利で、LTV(物件の取得額に対するローンの割合)は他地域よりも高いです。すなわち、ローンの貸し手である金融機関は、低リターン(低金利)を許容する代わりに、不動産の価値だけでなくオーナーである個人が補完する信用を見て、融資の実行と融資の諸条件の判断を行なっています。

もしノンリコースローンになったら、住宅ローンの諸条件が今よりずっと悪化します。
NPに住まうインテリ層はいかがわしいときは遠ざけ市民権を持ちはじめるとようやく支持し始めるんだけど与沢さんは当時と全く変わってないぜ。変わってるのは皆様の姿勢だけ
。僕はずっと食わず嫌いしない面白がりの編集者でありたい。
何をやるにしても、「本質は一つしかない」というのは正しいかもしれませんが、少なくとも減量の本質を「食べないで鬼動く」と定義するのが間違っているのは明白ですよね。筋力が低下しリバウンドしやすくなります。ただ、その一瞬だけは成功しているように感じられます。この誤解が彼の人生を象徴しているように感じてならないです。アパレルもアフェリエイトも一回は成功したものの、すぐに倒産しています。要は本質の見極めが甘い様に感じられるのです。今は不動産で上手くいっているのかもしれませんが、それも過去の事業の二の舞になり、次に始めた事業も・・・と繰り返すことの無いようにしたいですね。

サスティナビリティって大事ですよ。
なんでもそうですよね。本質だけを見ないと見るものが多くなりすぎますね
"不動産投資のセンターピンって何かというと〜中略〜「住みたいと思う人がいるということ」だけなんですよ"
昨日の記事はバランスシートはあまり考えるな(借金するな)という話が中心でしたが、一転今日の記事はローンのことやインフレ(住宅価格の上昇)のことも出ていて話の展開に違いがありました。
センターピンを狙う!なるほど、と感心。

「一つの資産にだけフルインベストするのは、本当に辞めた方が良いです」一行に込めた投資哲学。
儲けたいと思って儲けられる(得する)人とそうでない(損する)人がいる。メタで見ると損する人の方が大多数。なので自分の持つリソースを投資して得をすると思える分野か、もしくは損しても良いと思える分野に投資をすれば良いと思う。さもなくばただ損をするだけという気がします。
本質的な一行。
なるほど。 
それくらいの方がシンプルに、毎日追いかける目標やポイントになりそうです。
話にいまいち軸がなくて、相変わらずふわっとしていてそこが面白い。世の中において、キャラとしてのニーズがあるんだろうなぁ。
この連載について
不動産業界にもサブスクリプション化の波が押し寄せている。住宅分野では、月額制の住み放題サービスが出てくる一方で、働く場所はシェアオフィスが急速に拡大している。こうした中で、誰しもが悩む「持ち家を買うべきか、賃貸に住み続けるべきか」を考える基準も大きく変わる。新時代における「持ち家vs賃貸」論争の「最強の結論」を探る。