新着Pick
487Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
神の手と呼ばれる人はいない方が良く、いつでもどこでも十分な治療が受けられる未来が望まれます。
とはいえ、点滴や採血ひとつにしたって上手い下手があるように、プロスポーツ選手のように子供の頃からずっとその道の鍛錬を積んできた人たちにも差があるように、やはり「腕の差」は存在します。
腕の立つ外科医の先生を見ると本当に驚嘆し、そして心から尊敬します。

私は内科医ですがペースメーカーなどの手術はしますし、カテーテルを使った血管内手術もします。上手いと自負もしてませんが、まだまだ若輩者などと言い訳しても仕方ないので、常に十分な準備をして1人1人にその時できる限りの治療をしたいと心がけています。

「命は絶対に助けなければならないもの。」
命を助けるということは、死なないということでしょうか。死なないというのは心臓が動いていること??
その人が生きていることとはその人の価値観でしか測れないのかもしれません。
1人1人の方にとっての最善を目指したい。そう思います。

「出会う全ての患者さんに全力を尽くしたい。」
胸に響きます。そうして医師人生を駆け抜けたいと思います。

こういったインタビュー記事や、他の医師との会話はまたモチベーションになります!!
人間のあり方を再度考えさせてくれる素晴らしいインタビューですね。

世界には本当にいろんな方がいる。
そして、大抵すごい事を成し遂げる方は、その人の原体験から発する強い意志がある。
天野先生のストーリーはすごい。この記事と合わせて、以前、NewsPicksで出した連載も是非、お読みください。

こちらです。
https://newspicks.com/news/2165648
神格化してしまうのではなく、もっと人間味のある部分も深掘りできた記事であれば、より楽しめたと思います。表面的すぎる印象を受けました。