新着Pick
973Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的にも親交の深い佐宗さんの話題の新刊です。
物事を効率的に処理していくことに長けていた彼は、P&Gでプロダクトを市場に出していくためのマーケティングのプロとなります。その後、その手法の限界を感じ、アイディアをデザインやプロダクトに具体化させていく手法を学び、これをまとめたのが前著「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」ですが、さらにゼロからアイディアを生み出すための手法をまとめたのがこの「直感と論理をつなぐ思考法」となります。
ちょうど海から河、川から源泉と遡って来るようにキャリアを経て、それぞれの役割や必要な思考法を体得した著者だからこそ、どれが正解ということではなく、それぞれの思考法の強みとそれが適した場面などが冷静に指摘されており、野心的で説得的な提唱となっています。
今後公開されるインタビューも楽しみです。
なんか最近もやもやしてた、アイディア出しのアプローチ手法について、すっきり言語化された気持ちです!

特に記事中で紹介されている6つの感性については、うちの開発チーム内でもしばしば話題に上がるキーワードがキュっとまとまっていて、激しく共感しました。

思わず原書にも手を出しました☺️

そういえば、昔「英語は説明するときにメタファーとかアナロジー大好きだよね」みたいなことを言われた記憶があるけど、一見違う概念が似たものをわかりやすく表現するという思考は、多民族国家であるほど育つのかな...?とも思った。抽象的な概念がシンクロされてはじめてちゃんと伝えたいことが相手に伝わる気がして、多民族国家だと、自然と相手は自分との違うということが前提だから、コミュニケーションも、メタファーとを多用していく感じになるんだろうね。

とはいえ、同じ日本人でも育った環境によって全然違う頭の中のイメージをもつから、ほんとは大前提をシンクロするとこかはコミュニケーションを始めた方がいい。
同じ日本人だから、相手も自分と考えてることが一緒とは絶対に思わない方がいいですよね。
そんなとこから、アナロジー思考を強化してみるのもありかも!とおもいました。

続きの連載も楽しみです!
今、ベストセラーになっている「直感と論理をつなぐ思考法」著者、佐宗邦威さんのロングインタビュー連載が本日から始まります。

佐宗さんは、P&Gのブランドマネジャー、ソニーのクリエイティブセンター、デザインスクールをへて、戦略デザインファームを起業しています。

最初のP&Gのマーケター時代、戦略・論理思考やPDCA思考で限界を感じて、デザイン思考を学び、そして「ビジョン思考」という新たな境地を切り開いた経緯を詳しく聞きました。

イノベーション発想をする上で、デザイン思考にも、論理思考にも足りないもの。それは「妄想」と「直感」。日本人は真面目だから、確かにここが弱いんだなと感じました。

妄想や直感はセンスと思いがちですが、直感を鍛える方法、途方も無い妄想を価値あるアイデアに転換するテクニックがあります。これらのノウハウは、記事では2回目以降に展開されます。

仕事がうまくいかない、つまらないという人には特にオススメです。本記事は、現状を打破するヒント、具体的なテクニックが満載です。ぜひ読んで実践してみてください。
戦略デザインファームBIOTOPEの代表佐宗邦威です。
「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」の著者でもあります。

大学時代は法学部、社会人以降はブランドマーケターで戦略を学び、その後ソニーではデザインの組織で新規事業創造のプログラムの立ち上げをやって、その後独立しました。

「イノベーション」という名前のつくプロジェクトは、サービスデザイン、新規事業創造、ブランディング、イノベーションの仕組みデザイン(生態系デザイン)など一通りやってきた中で、やはり大事だなと思うのは、「主人公の存在する現在進行形の物語」を紡ぐということです。そして、そのためには、会社や社会で必要だからという3人称ではなく、自分の人生にとって大事な妄想から始まるビジョンという1人称から始めることだと思います。

今回の本では、妄想駆動型、VISION DRIVEN型へのモードチェンジをし、それを具体化するためのサイクル、妄想ー知覚ー組替ー表現というサイクルやそのための具体的な日常のエクササイズについて紹介していますが、その一部をこの連載にて紹介していきたいと思います。

関連して、2年ほど前に取材いただいた以下の記事もご覧下さい!
この連載の妄想駆動の思考法をイノベーションの現場のチーム作りに落とし込んだテーマになります。

組織を燃えさせてイノベーションを起こす「5つのプロセス」
https://newspicks.com/news/2017602/body
佐宗さんとは何度かご一緒している.
https://newspicks.com/news/3704632
東急電鉄と組んでの多摩川領域プロジェクト「TAMA X Citizen-lab」.多摩川流域をドローンの実験領域にしようというプロジェクト.多数の関係者,専門家,市民を巻き込んで議論を進める巧さにいつも「さすが!」と驚いています.
『直感と論理をつなぐ思考法』は大変共感する本です。このインタビューは大変楽しみです。

課題発見の源は知識ではなく知覚です。知識を使って公式に当てはめて発見する課題は、知識を使える人であれば誰でも発見できるものなので、個性が重要となる知覚を起点とすることが独自の観点の課題につながります。知覚の質は感性の磨き方にも関わっているので、日頃の日常の過ごし方がそのまま質に影響します。
また、表現は自分の感じたことや考えていることを整理するためにも重要ですが、教育課程を通じて自分の言葉で表現する訓練が足りていないので、稚拙な言葉しか使いこなせない大人にあふれています。
知覚したものから表現に個性を生み出すものが組替で、知覚してインプットしたものを素材として組み合わせによるイノベーションによって個性を生み出すものだと考えています。
「直感」や「感情」と「論理」を二項対立的に考えること自体が誤りだと日々感じます。視点を意識的に転換・転倒ささたり、言語化のフックを作ったりと、様々な工夫によって超えられる。
余談ですが、兄貴分の石川善樹さんが最近言ってた言葉、「正しいよりも楽しいが大事だ!人間は楽しいことをする生き物だから。」は肝に命じています。しなやかな思考というのはこういうことを言うのだよなぁと。
岡田さん、こんなところでも貢献してる。

自分も夢を語る人になりたいな。以前は結構語っていたのに最近語らなくなったな。

目の前の仕事をまず頑張ろう。今年のラグビーワールドカップ、48試合を全て満員にします!会場に来てくれた人、テレビで見ている人、一人でも多くの人に笑顔になってもらいたい。そしてその盛り上がりが全国に波及して、これからのスポーツビジネス拡大の突破口になればいい。

5月18日(土)18:00よりチケットの第三次一般販売(先着)開始です。
ルールの中で考えることや手順書などに沿ってきちんと実施することが得意な日本人にとっては、不得意分野が主流と成る時代になってしまうのですね。

>MTP(野心的な変革目標)と呼ばれる、妄想にも近い大きなビジョンを定義し、それを発信することから始める
“戦略思考”から、“直感と論理をつなぐ思考法”にたどり着くまでを、“戦略思考”の中で実践していく様子がとても勉強になりました。
こうなのでは?と考え論法を唱えるコメンテーター、批評家的な目線ではなく、ここまで実際にアクションして仮説検証しながら“新しい思考法”にたどり着くプロセスは非常に価値が高いと感じました。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。