新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
映画『0.5ミリ』また見たくなった。この映画は、優れた介護の技を持つ主人公サワが、老人たちやその家族の心を温めて回る物語。介護のリアルやトランスジェンダーなど、自身の問題意識を集積した作品。

文化暴力団・安藤桃子の「ピンク革命」
なんだかこの記事は、切り取りたい言葉がたくさん。

“『花束で殴り合って文化の摩擦を起こせ!』です。花をバンバン投げ合って、花の種が散り、ぶつかるほどに文化という花が咲き、すべてがピンクに染まる。花束とは優しさ、真心。だから『ピンク革命』なんです!」”

“「文化暴力団」。実に絶妙なネーミングだ。太陽のような明るさで人々を魅了しながら様々なプロジェクトを抱えて暴走する様を、言い得ている。”

“「映画には、ハートで生きるスイッチを入れる力がある。感性を刺激し、アタマではなく魂で生きることで人生はすごく豊かになる」”
今、リノベーション文化など、地方が独自に盛り上がりをみせ、中央よりも楽しくクリエィティブになってきているけど、それでもそこで文化”事業”を行うのは、並大抵の事ではない。(人口が多い中央でも難しいから)

でも、それに果敢にチャレンジし、大きな動きを生み出しているのは本当にすごい事。この言葉も突き刺さる。

「数値化されない領域で豊かになれる場所。いま日本ではなんでも数値化するけれど、心のこととか文化とか、数値化できないものの方が、人間の本質的な部分を強くします。人生がキツイ若者たちに、私は言いたい。『みんな、ここにおいで! 魂に正直に生きられるから』って」
生き方は顔に出てくるなぁ。粋に生きてる人はカッコ良いなぁ