新着Pick
206Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
過去にプラットフォーム向けにアプリを開発する側もプラットフォーム側も双方経験しましたが、プラットフォームというのは洋の東西を問わず、横暴なもの。勃興期にはサードパーティーを必死で集めますが、ひとたび軌道に乗れば、規約改変を通して統制を図る。良い悪いではなく、プラットフォームとはそういうものだと割り切るしかないのでしょう。

他人の土俵で相撲をとっている以上、サードパーティー側はプラットフォームを活用しつつも、いかに依存体質から抜け出すかを考え抜くしかないのでしょうね。

一方で、こうしたプラットフォームの横暴が単にプラットフォーム側とアプリ開発者側の当事者間に留まる鍔迫り合いであれば、大勢に影響はないのですが、これがエンドユーザーも巻き込んだ議論ともなると、どれだけ大義に訴えることができるのかが鍵なのでしょうね。
この点、Appleが横暴であることは今に始まった話ではありませんが、少し潮目が変わりつつあるように感じます。
iPhone不振をカバーしようと、他社の売れ筋アプリを自社アプリ化するという戦術に出ているアップル。独禁法違反で次々に訴えられています。他社アプリを排除するのは非情。

この夏にリリースされるApple Cardも非情。これまでApple Payを担ぎ、端末配布や広告宣伝で相当の経費をつぎ込んできたカード会社の貢献を顧みず、自社クレジットカードをかぶせてきました。いいとこ取りです。
プラットフォーム企業の倫理性とガバナンスの在り方については、これからのグローバル経済で大きな論点になりそう。

昨日までモンゴルにいましたが、モンゴルではFacebookを当たり前のように子供が使っており、どのように保護者がコントロールしていくのかが議論になっていました。
ペアレンタルコントロールは親にとっては本当に必要な機能で、子供にとっては邪魔な機能です。子供のスマホに、当時一番評判の良いものを入れていましたが、バグが多すぎて、すぐにロックが掛かり、子供から、クレームが多く、何度も対応する必要がでて、アンインストールしました。OSレベルで使い方を制限しないと、まともなペアレンタルコントロールアプリなんて出来ないのかも、と思っていました。

Appleが自社で、ペアレンタルコントロール出来るようにすると聞いたときには、その方が良いのかも、と思ったのですが、その結果、他社アプリが排除され、Appleからは、排除の理由にまともな回答がないとのこと。アプリ開発メーカーにとっては死活問題ですね。

これは、Amazonで商品を売るときの審査もこんな感じで、何が悪いのか一切教えてくれませんし、答えは、ほぼ100%コピペで感じ悪いです。AppleにしてもAmazonにしても、自分達が売りたいアプリや商品の時にも同じ対応ではないでしょうから、独占的地位を濫用していると言われないような対応をして欲しいですね。
Appleが作ったエコシステムの上でビジネスをさせてもらっている以上、特定のアプリがAppleから排除されるのは仕方がないことで、不満を感じても我慢せざるを得ないです。アプリメーカーとしては、独自のテクノロジーを保有して、Appleに買われる道を確保しなくてはいけないのです。
皆さんのおっしゃる通り、プラットフォームビジネスとはそういうものですが、一方で巨大になり過ぎたプラットフォーマーが政府の介入を受けるリスクも高まっています。
横暴に振る舞っていると見なされれば、Googleと同じく巨額の制裁金をEUから課される可能性もありますね...
それを避けるには、プラットフォーマー自身が自主規制の仕組みを作るしかないと思います。
GAFAは国家同等以上の権力を持ちながら三権分立や民主主義などの統治構造を持たない。
これはフィジカルの一般社会(国家)がデジタル社会の存在を自己の対置、人々の生活のオルタナティブとして捉えようとしないことが温床となっている。フィジカル国家の規制対象としてでなく、ゼロサムゲームの相手としてデジタル国家を捉えることなしにこの状況は変化しない。
まるで「下町ロケット」の「帝国重工」のようなAppleの姿勢ですね。

自社の余裕がなくなってきたので、稼げるところは自分でやるということを、ここまでやってしまうと「下請けいじめ」(注:実際には下請けではないですが)そのものです。

こういったことを平気でやる企業が、本当によい製品とサービスを提供できるのでしょうか?Appleファンの方々には、ご一読いただきたい記事です。

自分のAPPが、このような扱いを受けても平気ですか?
Appleの審査基準は、Appleの都合で変化するのでしょうか。

遠隔操作やandroid端末への情報送信などが駄目なら、初回やアップデートの審査時に理由を通達すれば良いだけ。Appleがパクって標準機能としてリリース後、競合アプリを狙いうちしたと思われても仕方ない。
Appleは何を審査しているのだろう。
エコシステムは自然と同じように強者がルールを決められる。適用者はユーザーや規制の力を使って適用の道筋を見つけるしかないか…「アップストアに10年間もアプリを提供しているメーカーとして、アップルからはせめて、われわれの何が間違っているのかを説明する電話1本くらいは欲しかった」
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
98.5 兆円

業績