新着Pick

「不動産テック」に革命を。社会課題に挑む企業たち

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
284Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中でいわゆる大手は積水ハウスしか紹介されていませんでしたが、建築業界やデベロッパー、仲介の大手が何を考えてどんな取り組みをされているか調べてみるとより面白いですよ
不動産業界はもっとも非効率な業界のひとつであり、テクノロジーでのイノベーションの余地が大きい。情報の不透明性、非対称性が高く、アナログで煩雑な取引コストが高い業界。ここに挙げられた企業はどれもブロックチェーンで不動産取引管理の効率化を目指すものだが、その場合はオフチェーン上の実物資産たる不動産取引をいかに安全かつ正確にブロックチェーン上に書き込む仕組みを担保するかが課題。ブロックチェーン活用では不動産投資のトークン化(STO文脈でも)が、個人的に期待領域。
いきなりブロックチェーンとかに行く前に、きちんとやらないといけないことがいろいろあると思います。

業界で長い経験をもつ企業や人材では、新しいことを考えることは難しいので、こういった分野こそ、スタートアップ企業とのオープンコラボレーションの世界だと思います。

これまで、人と紙が中心だった不動産の世界を変革できれば、業界を変革することが可能ですよね。
日本では暗黒のしきたりがあるので、早くなくなってもらうためには、不動産テックがどんどん進んでもらわないと!
OYOなどのサービスに加え、こう言ったものがどんどん増えて欲しい!!