新着Pick
474Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AFSP(アメリカの自殺予防団体)の調査によれば、確かにZ世代の自殺は増えているのですが、それでも2017年は45歳から54歳の自殺率が20.2%と最も高く、その次には85歳以上の高齢者の自殺(20.1%)と続いています。15歳から24歳の自殺率は14.46%。ほとんどの年齢層で増加していることが分かります。

https://afsp.org/about-suicide/suicide-statistics/
アメリカの鬱、そして自殺の増加が問題死されています。

全体的に自殺率が増加しているとの調査が多いですが、中でも一番増えているのが、10〜20代の若者だといわれており、なかには身近になりすぎたテクノロジーに原因の一部を求める研究もあります。

本稿では、ジャーナリストのパトリック・セント・ミシェルに、いかにZ世代がこの鬱や不安の問題を受け止めているのか、寄稿してもらいました。自殺率の増加という社会問題は、少し目線を変えると、カルチャーの側面からもこのZ世代たちのリアルが見えてきます。
鬱とアートの親和というのは、もう100年、200年も前から見られることで、新しい世代に特有のことではないような気がします。

例えば、絵画の歴史を振り返れば、多くの著名な画家が鬱を表現した絵を描き続けています。ゴッホのPortrait of Dr Gachetなどはそれを代表するものかもしれません。

内面にある鬱を表現することが、自身の鬱と向き合い適応することに繋がっていたり、他者の鬱がどこか美と繋がりやすかったり、あるいは多くの人の共感を生みやすいから、ということもあるのかもしれません。

鬱や自殺の増加がアートという表現の増加に繋がっているという因果関係の逆転も十分確からしく、アートに原因を求める論調が正しいかはわかりませんが、アートという切り口で調査、研究をするのは、面白い切り口かもしれません。
「米シンクタンクのピュー研究所によると、10代のうち70%が自分の周りで不安と鬱が大きな問題になっていると答えた」というのが米国。理由のひとつが「誰とも簡単につながれるけれど、誰ともそこまで親密ではない」と。

今日のZ世代がやってくる#07の女子大生も「やはり、ちょっと精神的に疲れちゃうんですよね」「いろんな情報が見えすぎてしまって自分と勝手に比べて落ち込む人も少なくない」と。

SNS世代はSNSに疲れている。この精神的な疲れを癒してくれるのは自然。スマホの画面を見ずに、自然に目を向けることが大切です。新緑の今は特に、自然がうつくしい。
一気見すると激しく落ち込みますが「13の理由」ぜひ多くの人に見てもらいたいです。

「鬱カルチャー」浸っていいんだ、一人じゃないという共感性、鬱の肯定もありますが、ますます負のスパイラルに陥る点も分かります。
Z世代だけではなく、大人だってそう。
何かの悩みについて、大したことないよ~と、ひどいよねの回答のどちらがいいかは悩ましいです。ひどいよね派の人は、さらにこんな可能性もあるかも、ともっと鬱になる想像を加速させる事も、よく経験します。
何が正解かは分かりません。

ちなみに、よく考えるとあらゆる文化や芸術って鬱な感じから生まれてるものも昔からたくさん。文学、絵、音楽…。確かに「鬱カルチャー」というジャンルはあるかもしれません。
鬱をネタ化して表現できる社会は、抑圧から自分を解放できる、自分を肯定、承認してもらえる場があるということなので、記事のタイトルから受ける印象とは違いとても健全な社会のような感じがします。
ビリー・アイリッシュがNewsPicks で取り上げられるとは!個人的にはとても嬉しい。キャラクターや曲もあれど、彼女のライブパフォーマンスにこそZ世代の若くてクリエイティブで
それでいてエネルギッシュな姿があります。ネットで傷ついたり、家に篭ることもあるけど、爆発的なクリエイティビティで世界を変えていく今の若者の本当の姿です。

なお、ネット鬱や自殺・孤独の問題をZ世代特有の問題と捉えることは違うと思っていて、今の時代に生きる人たち全員に当てはまる社会問題です。イギリスで孤独担当大臣ができたように、日本でもその問題にはもっと注力すべきと思います。
鬱が受容されるカルチャーは、苦しんでいる人の心を楽にすると思う。またそれを表現に変えるアーティストが支持されることも、感情を代弁してもらうことでスッキリし、自己肯定も高めるのではと思う。
アメリカで起こっている実態と比べると、日本は鬱に対する受容性が低いために表面化せず、より深刻な状況に感じます。
世代関係なく、ストレスを受けていると思っています。
現代は環境は充足してるけれども、精神的な満足を得るのは難しいように感じます。精神的な満足を得れなくなっているのではなく、他の部分が満たされたので、精神面が際立ったとも言えるとは思っていて、100%全てが充足するのが理想だけれども、難しい。

作り手側がどのようなメッセージを入れて作るかは自由ですが、薄く万人に投げかけるよりも狙ったそうに強いメッセージを投げたほうが刺さるし、局地的な盛り上がりで、成り立つと思っています。
ソーシャルでは煽る疑惑もありつつ、世代なのか主導権を持つ大衆もありか「ファストフードの企業が彼らの悲しさにつけこめているようにみえても、会話の主導権を握っているのはZ世代であり、彼らはその流れをいかようにも持っていくことができるのだ」
この連載について
ミレニアル世代の次の世代は「Z世代(Generation Z)」と呼ばれている。日本では、まさに令和の時代に社会に羽ばたいていく世代だ。デジタルネイティブというより、ソーシャルネイティブとも言われる彼ら世代が、次に時代に何を見据えるのか。多様なコンテンツで紹介していく。