新着Pick
1187Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の人口構成を見ると、団塊世代は1学年250万人以上いたりする。で、今の20歳は、大体115万人ぐらいで半分以下。
赤ちゃんになると100万人を切る。

日本社会において、マスがミドルシニア世代になる中で、広告をマネタイズとするメディアの多くが消費力もあり母数が多いミドルシニア世代にターゲットを合わせる。
例えば、地上波テレビも健康やダイエット、雑学クイズ、ミドル以上向けドラマ。

こういったものに、若者世代が興味を持てるかといったら難しい。

情報過剰社会において、若者世代がまずは、自分たちと同じ世代や同じ感覚や、同じ興味でターゲットセグメント切り取ることができて、その中で発信したり、情報検索できたりというのが、インスタかなと。

もっと若くなるとTikTokかなと。
インスタでハッシュタグ検索する=タグるのは実は日本人すごく好きで、世界平均の3倍のユーザーあたり検索数だそうです。(ちなみに同じくらい多いのは韓国。)そして、〇〇さんと繋がりたい系ハッシュタグの投稿が多いのも日本独自のこと。

そこら辺はこちらの弊所の研究レポートサイト後半でまとめてます。
https://seikatsusoken.jp/miraihaku2019/questions/

twitterだけでなく、インスタでも日本は独自の文化を作りつつあります。それと、既に若者だけのプラットフォームではなくなっており、特にミドルエイジの女性のユーザー増加が激しいというのも押さえておきたいポイント。
インスタは既にZ世代だけのものじゃないんじゃ?(苦笑)40代前後の女性にもかなり使われてます。彼女達にもストーリーは確かに大流行りですね。Discoveryタブも重宝されてるようです。要は年代を問わず情報感度が高く、消費性向が強い、要はアーリーアダプター性が高い人にそのように使われてるだけで世代特性でもなんでもありません。

使われ方はTwitterに似てます。というか日本独自に発展してきたTwitterという素地があって、インスタも日本独自に発展しています。1人複数アカウント。MAUは多いですが、UUだとその半分に近いのが実態です。そしてグローバルと比して多い検索数とそハッシュタグ多用。

インスタにおける日本人の使い方で笑えるのがハッシュタグ。そもそも後からの検索性(タグるなんて言ってますが、そもそもハッシュタグは検索しやすくするためのものですw)やトレンド表記をさせやすくするためにTwitterで使われ出したものが、日本独自の進化を遂げ、そもそもハッシュタグに意味をなさなくなってる(笑)。

まあそれはさておき、今回の特集を一通り見た感じ、Z世代と名付けるほどの特殊性をあんまり感じなかったのは事実。すでに現在のメディア環境が当たり前にあった頃に物心ついた分、結局上の世代のフォロワーでしかないんですよね。

広告代理店がマーケターから金を引き出すために作り出したようなZ世代(米国ではGeneration Zと呼ばれる)なんてキーワードで祭り立てて騒ぐなんて愚をSPA!ならともかく、果たしてNPが有料の特集記事としてやるべきことなのか、考え直した方がいいかと思います。

追記:30-40代も最近はフツーにストーリーですよ。
追記2:ここで語られてるSNSに対する姿勢や感情はmixiそしてFacebookでも語られてきましたよね。
追記3:Discovery機能はTwitterが先に実装し、それをキッカケにモバイルからの検索数は数年前にTwitterがGoogleを上回っています。
SHEインターン卒業生のりさこちゃんの記事👏

私個人としても、あんなにTwitterが好きだったのに、
最近Twitterからインスタストーリーに完全に移行していってる…

フォローしている人にもよると思いますが、最近のTwitterはビジナスにおけるフォロワー増やしゲームになっている節があり、タイムラインが箇条書きツイートや良いこと言わなきゃ感で溢れていて疲れてしまう人も多いのではと思います。
なので旧時代のTwitterのような気軽な呟きを求めて、ストーリーに来てる人も少なくないのかなと。

仕事モードの時(ビジネスの情報収集や発信)はツイッター、プライベートはインスタストーリー、という感じで分けて使うのもありです。
Y世代はインスタに関して投稿はあまりせず、ストーリーのみをしている人が多いけど、Z世代はどうなんだろう?

検索のところを雑誌みたいに見続けてるのはY世代もそう。
SNSとの距離感の取り方はInstagramに限らず。
顔が見える関係でも繋がるドンピシャ世代は特にそうなんでしょう。利用のバリエーションがさすが広いですね。

インスタ、最近開く頻度が増えました。
趣味の情報収集位置付け。(なので最近広告に誘導されお買い物もした)

世代違えど、ポジティブな気持ちになれるツールなのは共通。
ポジティブもあれば、ネガティブもあるSNS。
何かを目の当たりにしちゃう点、落ち込んでしまう点、凄く共感します。
また、Z世代論とは違いますが、SNSへの何を出すかの配慮もパートナーによって温度差があったりするので、その当たりも皆どうしているのか気になります。

ちなみに、個人的には、インスタではダンス動画を見まくっております。
学生時代に、九州から全国のダビングルートから流れ着いたボロボロのVHSを擦り切れるまで見ていたのは何だったのか!?今の時代でダンサーになりたかった!と思ったりしています。
グーグルもヤフーも乗り換え案内もつかわず、インスタ検索で行きたい場所を見つけるだけでなく、そこへ行く方法までもインスタで調べてしまう女子大生もいました。
使用アプリ数が少ないから、メモリ不足に陥ることもなく、新機能への対応もあっという間。
インスタ一本の上級インスタ使い。
インスタは40代も使ってるからZ世代特有ではないという主張は、アプリ使ってるという漠然とした捉え方なら正しいですが、使い方はかなり違うと思います。実際どれだけの40代が、それどころか30代が今回の記事にあるような形でストーリー使ってますか?

過度に一般化をして、Z世代の特徴を探究しようとしなかったり、ましてや今回の特集を安易にDisる行為はまさに老害的だと言わざるを得ません。スワイプして消される危機感を私たち上の世代は持ててないと思いますよ。
テキストだけの投稿ができるようになってからTwitter的な使い方は確かによく見るようになりました。見栄えの良い写真を並べるより、感情を共有する方に価値があるということなんですね。


タグる便利さは最近実感。
レンズの名前を入れると作例がいっぱい出てくるので嬉しいです。


あとNPコメント欄にシェアボタンが追加されてるのをこのタイミングで気づき、一瞬、インスタ共有!?と思いましたがこのアイコンはLinkedinですね。そらそうか。
この連載について
ミレニアル世代の次の世代は「Z世代(Generation Z)」と呼ばれている。日本では、まさに令和の時代に社会に羽ばたいていく世代だ。デジタルネイティブというより、ソーシャルネイティブとも言われる彼ら世代が、次に時代に何を見据えるのか。多様なコンテンツで紹介していく。