新着Pick
171Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンバレーが全てではない、というのは本当にその通りです。世界は広く、そしてすごい勢いで動いています。もちろん本当の中心にいる(または今のシリコンバレーを創ってきた人たち)はもっと違う想いを持っている(はず)のですが、自分の半径5mや薄い外の情報だけで思い上がるのはちょっと勿体無いなと思います。

日本企業もまだシリコンバレー神話が続いていて、もっと他の国や業界の状況を見るだけでも、本当に自分たちがやるべきことがも少し明確になるのではと考えています。
シリコンバレーの思い上がりや限界は既に多くの論説があり一面の真実でしょうが、それを当代きってのベテラン名経営者ヘイスティングスの口から出ると迫力が違う。
含蓄のある記事です。前半、アップルをファッションとテクノロジーを結びつけた会社として評価して、自分たちNetflixはテクノロジーとコンテンツを結びつけることでイノベーションを生み出していくということが述べられています。
そして、その結果として、産業が大きく変わるだろう、という点も興味深いです。つまり、自分たちはコンテンツの流通を大きく変えた存在で、そうした事業コアの部分がしっかりとあるからこそ、イノベーションを起こしているのだ、ということかと。

記事タイトルになっているシリコンバレーの話はそれほど中心的な話とは思えません。
そこよりも、むしろ、この連載に一貫しているテーマに最終回も言及しています。
それは、ビジネスの基本に忠実であることの方が、遥かにイノベーティブであるということでしょう。
つまり、顧客の創造としてのマーケティングを徹底し、新たしい価値の創造としてのイノベーションを追求すること。エッジの効いた技術がイノベーションを生み出すわけではないし、派手なプロモーションをやっても顧客が創造できるわけでもない。
さらに、前回までのテーマであった組織文化の構築はそれを可能にするために不可欠である、と。
つまり、派手なことに目を奪われることなく、マネジメントをしっかりと行うこと、これこそがこの連載を通じて見えてきた、真新しくはないが、とても重要なメッセージだと思います。
今持っているものに何を掛け合わせるかとも言えますかね「複数の領域で優れている会社は、本当に素晴らしいものを消費者に提供できます…アップルは、テクノロジーとファッションを組み合わせるのがとてもうまい」「Netflixも、たんなるテクノロジー企業になるのではなく、テクノロジーとコンテンツをこれまでになくうまく組み合わせたい。この2つのスキルの両方で最高になることを目指しており…」
多くの人が思っているけどなかなか言い出せないことを大経営者がバサリ
"すごいのはシリコンバレーだけではないと思います"
"ビジネスモデルはテクノロジーのイノベーションを追いかけている"
圧倒的な自信と、その対極にある謙虚さ...その両方を持ち合わせているリードが率いるNetflixが群を抜いて強い意味がはっきりわかりました。

強みと弱みは常に表裏一体なので、自分の強みと弱みの両方を認識することは、とても大切です。

これだけ一人勝ちしておきながら、未だに謙虚に自分自身をみつめる目をもてるリードは、本当にすばらしい経営者ですね。

まさに熟成の味という感じで、若い経営者には真似できないレベルでしょう。
読んでいて思ったのが、テクノロジーがコンテンツの在り方を規定するということ。
以前会社に東工大の柳瀬先生が来られて講演をされたことがあり、そのようなことをおっしゃっていた。過去にも本、新聞、ラジオ、テレビと色々なメディアが登場してきた。コンテンツが載っているわけだが、でもそもそもそのコンテンツの形態を可能せしめる技術が登場したから。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
15.3 兆円

業績