新着Pick
312Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
>Netflixには、休暇に関するルールがありません。「休暇を取りたいだけ取れ」というポリシーです。スタッフは、自分が適切だと考える量だけ働く。そして私はたくさん休暇を取って、よき模範を示そうとしている。

自由な働き方に一時的にトライしたことがある身として感じることですが、上記の様な労働環境は、”結果を適切に評価し、結果が良くなければ解雇する”、というルールがあってはじめて成り立つモデルであると思っています。加えて、結果主義に基づいて解雇すること自体が比較的一般的なアメリカなどでは成り立ちやすい一方、終身雇用の文化が根付いている日本で実行するには少し難易度が高いと感じています。

とはいえ、時代の流れ的にはNetfrixの様な文化や働き方がより一層進んでいくと思っているので、自分としても引き続き模索していきたい部分です。
最強とも言えるストック収益基盤があるからこそ為せるコーポレートカルチャーだと思います。収益力も資金調達力も無い会社がこれやると至極当然のように潰れます。
ここまでの企業カルチャー作りと、戦略に基づいた企業成長の両軸をバランス良くどちらも実践できている会社は稀だと感じました。
前日の記事でも見受けられるように、率直な意見が言える環境とそこに参加する人々の誠実さが根付いています。
仮に企業成長が苦しくなったとしても、このカルチャーが助けることになるのだろうと感じました。
基本的には良いと思うのだが、これはNetflixだからやっていることである。同じことを真似してもうまくいくわけではない。
気をつけるべき点は3つほどあるように思った。
1.そもそも能力を認められない人間は辞めさせられるという前提がある
2.1の前提の上でCEOと話をするということには明確に権力が作用しているが、そこで語られることを適切に解釈する必要がある
3.休みを自由にとれるというが、1の前提を踏まえるとどういう行動が生じるか

つまり、これは新しい時代の厳しい選抜と、周到に考え抜かれて構築されたカルチャーの上での話だということを理解しないと危険である。日本の普通の会社がこれを取り入れると、

1.とてもゆるい、もしくは、異常に厳しい業績管理のいずれか極端に振れる
2.経営者が交流の場で語られたことを真に受けて意思決定して大変なことになる
3.誰も休みを取らない

となるので、気をつけなければならない。
色々な前提があった上でやっていることなのだということを見ないと大変危ない。むしろ、ここから学ぶべきは、

1.良いパフォーマンスとはどういうことかについての合意を確立する(=カルチャーをつくる)
2.CEOが都合の悪いことや想定外のことをどう受け止めて、応じるのかをメンバーは見ていることを気をつける
3.メンバーが不自由に見える行動をしているとするならば、組織のカルチャーに問題があるということに目を向ける

ということだろう。
この記事を読んで素晴らしい会社だ!と思う反面、いろんな会社が実行したら社会全体としては失業率が上がり業績悪化する企業が増えるのではないかと思います。
Netflixは「まあまあの仕事ぶりの人」以下は働き続けられません。だからこの制度が成り立つことを忘れています。世の中は「まあまあの仕事ぶりの人以下」の方が多いはずですからね
社内をデジタル化する。2005年からそれで時間と場所を超えてやっていたCEO。ツールを使ってここまで仕事の仕方を変えないと「1年間ローマに住みながらNetflixの経営をしていたこともありますよね「2005年のことです。Netflixはまだ宅配DVDレンタルだけをやっていました」
企業風土が非常にわかりやすく面白いですね。今日の特集だけ切り取ると何でも自由っぽいですが、重要なのは昨日の特集であった成果への徹底したこだわりであり、それが大前提だなと思います。
素晴らしい働き方を実現しているNetflix。

ワークライフインテグレーションの考え方ですね。

Netflixのような働き方は、オンライン上でコミュニケーションする仕組みの構築が重要。

・チャットでオープンに対話する文化づくり
・一人ひとりの言語化能力(チャットでの対話能力)の向上

は意識して取り組むことで、組織の働き方をアップデートできると感じています。
時間の縛りがない、というとサラリーマン気質の人は「やった、楽になる」と喜び、プロフェッショナル気質の人は「結果でしか評価されない厳しい環境になる」と認識するのでは。

時間は一番いい言い訳だと思う。がんばってます、長時間働いてますってことが評価されている環境はそこまでひどくない。でも結果だけで判断される場合は、どんなにたくさん働いても外的要因で結果でなくても評価されない。

そして評価されない=解雇、が普通。この最後のポイントがないとさぼる人を生むだけになりかねない。
美しいです。適切と考える量だけ働き、休暇を取りたいだけ取る。これはもう、徹底した成果・貢献主義に併せて、厳しい組織文化・価値観の体現義務が組織中に浸透していることの賜物ですよね。

要は結果出してりゃいいんでしょ、だけの単純な話にしていない。ここがポイントだと思います。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
16.1 兆円

業績