新着Pick
656Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカで有名な日本人音楽家の1人にバイオリニストのMidori(五嶋みどり)がいますが、彼女はツアーやコンサートの際には特にビジネスクラスにも乗らず、ホテルも安価な場所を希望するそうです。

理由は、滞在中はどうせコンサートホールと練習室にこもって練習するだけでホテルは寝るだけだから。移動中は楽譜の分析や仕事をするのみ。

彼女ほどの名声とテクニックをもってしても、豪華な待遇など欲さずにひたすら十何時間も練習に集中されると、もう叶わないなと思ってしまいます。本業を極める人は、結局誰にも超えられない努力と集中ができる人だと感じます。
「まずは日常業務をエクセレントにやったうえで、それをエキサイティングにすることが、最高の改善」。まさに目からウロコの話ですね。世の中の動きがあまりに激しいことから、企業はどうしても新しい技術やサービスを使ったビジネスに力を入れようとしがちですが、本業がおろそかになっては本末転倒。日常業務をしっかりやることがファン獲得につながるということを再認識させてくれました。社長の心無い発言でつぶれた食品会社もあれば、シナジー追求と称して本業と関係ない会社を次々に買収し、経営自体が危うくなっている新興企業もありますしね。
Netflix以前の話を知らなかった。
そしてNetflixの経営上でものすごかったのが、DVD宅配レンタルでトップだったのに、自社カニバリも恐れずにストリーミングに振り切ったこと。それがDVDが10年ほど主流、そして『インターネットを使ったテレビ放送という長期的なアイデアのプロキシ(代理)でした』というのは知らなかった。そういう考え方があって、機が熟すれば戦略転換をすることが前提にあったと考えれば、変更をできたのも理解できる。また、それはNetflix以外の失敗での経験が背景にあったのだろうとも思う。
とはいえその未来が見えて、かつそれにオールインできたことというのは本当にすさまじいこと。

ストリーミングにかじを切ったのは2011年。当時のMarketHackの記事が状況が分かりやすいが、元々はサブスクリプションで定額払えば延滞気にせずDVDを借りられるというところからスタートし、その後ストリーミングも開始。そして2011年にストリーミングとDVDのプランを分けた。
DVDのほうが品ぞろえが良く、両方見るには追加料金が必要という点で株価が大きく下げた(40ドル→10ドル)が、今は約360ドル。この株価推移が、意思決定のすごさを表していると思う。
http://markethack.net/archives/51763343.html
http://markethack.net/archives/51769185.html
良い戦略があっても実行が伴わなければ、競争力を発揮し得ないという話で、まっとうな見解だろう。
20%ルールへの安直な解釈への批判が書かれているが、否定をしているわけではない。そうした表層的なことよりも、しっかりと戦略を実行し、かつ、事業機会には機動的な資源配分をする、ということが重要だということであり、あくまでも戦略の中核をより強化するために様々な仕掛けが重要だということだと思う。
つまり、事業機会が発見されたならば、それを既存戦略とどのように結びつける文脈を構築できるか、それに沿って資源配分を具体的に行って、規律を持って事業を育てられるか、ということだろう。
短絡的に、ボトムアップではなくトップダウンだ、という話でもないし、これに対するカウンターとしてのトップダウンではなくボトムアップが重要だという話でもない。大事なことは規律を持った戦略行動と機動的な資源配分であり、ここは間違えてはいけないポイントのように思う。
Netflixの前に何社も失敗しているとは知らなかった。その上で行き着いた一つに集中する事の大切さ、そして「まずは日常業務をエクセレントにやったうえで、それをエキサイティングにすることが、最高の改善なのだと思います。」という言葉はとても重いですね。
ここにはUXの視点が強く入っていると思う「振り返ってみると、Netflixがこの戦いを制した最大の理由は、本業をうまくやったからでした。つまり配達スケジュールをもっと正確に守り、レンタルリクエストにもっとうまく応えられるようにし、もっと優れたオペレーションを実現することです…まずは日常業務をエクセレントにやったうえで、それをエキサイティングにすることが、最高の改善なのだと思います」
以下、まさに。本業に、集中すべき事業に、どれだけ投下できるか。/Googleの本当にユニークなところは、そこに超優秀な人材を1000人投入できること
これは面白い考察。イノベーションは余白や非日常のアイディアから生まれていると考えがちですが、そこから世界を変えるようなプロダクトは生まれていないという。ゼロイチの方が既存の改良よりも優れていると思いがちですが、本業を研ぎ澄ますことの大切さを改めて感じますね。

以下引用
“Googleは、ニッチな20%プロジェクトではなく、検索やAndroidやGoogle for Work(現G Suite)によって、市場そのものを大きく変えました”
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
14.7 兆円

業績