新着Pick
796Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「○活」という言葉が「べき思考」とセットというのは非常に納得感がありました。
何かを得るために、それに向けて活動しなくてはいけないという価値観の押し付けは、日本人っぽいと言わざるを得ないのかもしれません。

「○活」という言葉が、「○○という生き方って面白いな」「○○という考え方もステキだな」という、多様な考え方や価値観の上に成り立つ時代になってほしいですね。

全員一律で同じことをする「have to」や「must」まみれの人生よりも、様々な形の「want」や「hope」「wish」で溢れる人生の方が断然楽しそうです。
「天才を殺す凡人」を読書中なので興味深く対談拝見。
○活と定時出社、12時から1時までのお昼休み。
これらにより日本人の均質化、モノカルチャーが進んだ印象あり。
○活の成功の定義にハマらなかった型のメンタル疾患、終わったあとの燃え尽きも引き起こしそうな。

レーニンの言葉の引用どおり反対側に一気に反らす必要があるのでしょう。

二回目は昼休みにのATMに続き何がでてくるか楽しみです!
令和は「さよなら、◯◯活。」時代にしたいですね。
たしかに、「◯◯すべき」もそうですし、
年齢によるナゾの区切り、ある意味「制限時間がある人生ゲーム」って一体と思います…。
女性はそのゲームがさらに細かく設定されていて、気にしてない人でも、どこかその呪縛が影響している事が多々!

しかし実は、ストレスフルで縛られている様で、「人生ゲーム」は楽は楽。
出るサイコロの数は人によれど、とにかく決められたルートを進めばいい。失敗しても、ルートに従っただけの言い訳も効きます。(だって、次の駒が就活だったんだもんー、と。)

だからこそ、もっと自分でアホみたいに考えて動けるようにならないと、
真の意味での独立した責任を伴う「自由」は遠い!!!
"脱!みんなでいっせーのーで"
「いつでも、何度でも、仕事を自由に選べるようにしたい」。それがこれまでずっと一貫して私が、表現してきたテーマです。ニューズピックスのInnovators talkで「平成で終わらせたい10のこと」を産業医の大室先生と議論しました。5日間、白熱していく議論を少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

最初の1日目は「○活」と「昼時のATM」について。

・なぜ、昼時のATMは平成で終わらせたいのか

面白い論考。大室先生、佐藤留美さん、素敵な記事をありがとうございました!
哲学者で東京大学名誉教授の小林康夫先生と以下のようなお話をしたことを思い出した。


好奇心で動く人がゲームチェンジャーでルールメイカーであり、問題解決で動く人はそのゲームやルールの中で最適解を見つけるフォロワーになる。変化の速い時代の中で、問題解決型のフォロワーは右往左往している。例えば、マーク・ザッカーバーグは好奇心で Facebook を作っただけであり、問題解決型でそこに挑んでも、後追いにしかなり得ない。


◯◯すべきや◯活は既存のゲームやルールに基づいており、◯◯したいは好奇心に基づいている。
令和の時代は、好奇心に基づくさまざまな奇想天外な新しいプロダクトやサービスが日本から満ち溢れることを期待したい(^○^)
平成は昭和を終わらせるための期間だった…産業医の大室正志氏はそう言いますが、ワンキャリア執行役員の北野唯我氏は、まだまだ日本の雇用・労働には昭和の残像が残っている…と指摘します。そこで、急遽「平成で終わらせるべきこと」対談をしようということで立ち上がった本企画。

終わらせるべきこと…は就活、大企業など壮大なテーマから、満員電車など身近なテーマまで!そのワードの奥にあるストーリーに、「うんうん」と膝を打つことしきりでした。是非お読みください。
対談の数日前、北野唯我さんからご指名との連絡をいただき慌てて5つ考えました。5つだから最初は軽めのものからスタートして、、とコース調理というかそんなイメージで出向いたんですが、北野さん最初から最後まで徹底的に直球ストレート。
構成のあるオペラを観劇にきたつもりが一曲目からリンダリンダ演奏してきたような笑。
時代に対する苛立ちと衝動を感じさせていただいた良い対談になりました。

今日から5回になりますが、振り返ると今回の通奏低音は「べき思考からの脱却」かなと思いました。べき思考の固形燃料のような頑固親父は確かに激減しましたが、婚活に代表されるようにべき思考を感じる言葉は色々な部分で残っています。今後もその辺りが随所に出てくるかと思います。5日間よろしくお願い致します。北野さんお誘いありがとうございました。
◯活のようなべき論も、昼時のATMも、恐らくどの回かで出てくる大企業も、自分で決められずに他人と同じことをやってしまっていることが根底にある。いくつかの選択肢の中から「自己決定」をすることが重要。

昭和は、言われた通りのことをやっていれば良かった。
平成は、新時代への過渡期であり、準備期間だった。
令和は、多くの選択肢の中から、自分がやりたいことをする。
そんな時代になってほしい。

ただ、それは、すぐに個人で決められる人もいれば、そうでない人もいる。特に大企業では癖や慣習が身についてしまうため、個人で考えを変え行動を変えるのは簡単ではない。だから、ONE JAPANのような共に歩む「社内外の仲間」が必要だ。複数のコミュニティが必要だ。特に大企業の人たちに必要。しかも若いうちから。染まる前に。
心理学者エーリッヒ・フロムは、ヒトラー政権下のドイツを例にとり、自由を獲得したはずの人々が進んで自由を放棄した背景を描写しました。
労働にせよ家族にせよ、令和の時代は多様な選択肢をとることができます。だからこそ、逆に「べき論」を主張する人も増える時代になるでしょう。平成末期に、自分と違う意見をもつ人をSNS上で糾弾(本来的な意味での批判ではなく)することが増えたのも、その証左だと思います。
就活について、大いに賛同します。

私が思うのは、やっぱり長期のインターンをやってほしい。仕事とは、のイメージをあまり持っていない人が就職先を選ぶのはミスマッチのリスクが高いです。

例えていうなら「何のスポーツもやったことがない人に、『あなたはどのスポーツでプロを目指すのかを決めなさい』という状態に似ている」です。向き不向きも分からないし、面白いかどうかについてもプレイする立場の面白さではなく観賞している時の面白さでしか判断できない。マッチする確率が極めて低い。

仕事も同じです。たとえば今エンジニアになりたい学生は増えてきていますが、その中にプログラミングを一切したことがない人もいます。自宅で独学で始めることのハードルも下がってきているのに。向き不向きは分かりますか?エンジニアの仕事の何に面白味を感じるのか、理解して選択しようとしていますか。企画職も営業職も、管理部門も同じです。

自分で体感して、仕事というものをもっと理解して、自分は何をしたいのか、どういうキャリアを歩みたいかを考えてみていただければと思います。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。