新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記2)2014年頃のコードシェアは、スカイマークの年間搭乗率が60%台と低く、空席を他社に買ってもらおうというもの。しかしスカイマークの2016〜2018年度の年間搭乗率は84%程度と高く、高価格でないと売却メリットはありません。

(追記)コードシェアは否定しませんし、むしろ前向きです。
ANAのエーブルに入ると、売上もANA経由になりますし、運航ダイヤも単独で変えられなくなります。これでは独立した航空会社とは言えません。コードシェア自体には前向きです。

(原文)武藤康史さま、スカイマークの記事ありがとうございます。ただ、下記事実ご理解ください。よろしくお願い致します。#スカイマーク #ANA
1. コードシェア自体に反対ではなく、「ANAのシステム(エーブル)導入が前提」のコードシェアはできないということ。(両社システムを繋げはコードシェア可能である旨は提案済。
ANAのみならず他社とのコードシェア自体には、積極的に取り組むべきだと思っています)
2. ANAのエーブルに入ると、売上がANA経由になること等、独立性維持ができなくなります。従って、投資当初から、エーブルは、入れないと説明した上で新体制がスタートしています。
どうかご理解ください。よろしくお願い申し上げます。
それよりもANAのA380の採算性を分析した方が良いと思う。おそらくボロボロ。
スカイマーク株式会社(Skymark Airlines Inc.)は、日本の航空会社。 ウィキペディア

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.29 兆円

業績