新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私たちはこの機会に天皇とは何かということを考えた方がいいのかもしれませんね。

一言で象徴と言いますが、それは国家統合の概念としての役割であり、歴史的に見ればその役割は「権威」と「権力」を分割し、天皇という権威によって「権力の正当性」を認証することで、独裁を防ぐという仕組みであったと考えられています。

例えば藤原氏、源氏、足利氏、徳川氏などの歴代の日本の権力者は、巨大な政治的権力、時には日本を統一する武力さえ持っていましたが、しかしその権力は、天皇によって関白や征夷大将軍に認証をしてもらって初めて正当性が担保されたのです。
これは現代でも同じで、内閣総理大臣は国会で選出された後、必ず天皇の認証を受けなければなりません。

天皇の政治的機能が正当性の認証であるとすれば、その権威の拠り所は疑いなく天皇としての「正当性」にあります。
そしてその正当性を担保するものこそが「万世一系の血統」なのです。(例えそれが神話やフィクションであったとしても)

この点において王朝の交代を必要とする女系相続は、本来の天皇家の機能を喪失される危険性があると考えられます。
例えば徳川将軍は女系では天皇家に繋がるため、もし江戸時代に女系を認められていたとしたら、天皇兼征夷大将軍という絶対独裁者が誕生したはずなのです。(実際公武合体論とかありましたが)
かのヒトラーの肩書きが、ドイツ共和国大統領兼首相であったことを考えると、権威と権力の合体は極力避けるべきというのが歴史の教訓であり、日本人の歴史的な知恵であったと言えます。

よく皇室の危機が騒がれますが、実は現在の皇室典範では、旧皇族の皇籍復帰は否定していません。
宇多天皇や醍醐天皇、あるいは5代離れた平民から天皇となった継体天皇など過去いくらでも例がありますから、いざとなったらGHQの圧力で臣籍降下した11宮家から天皇を選ぶことは現行法制度で可能であり、本来それで済む話なのです。

それを女性と女系を意図的に混同して過去例のない女系相続(愛子様のような男系女帝は過去8人10代例があり、全く別の話)で、王朝交代を主張する言説には、それがどのような意図からなされているのか、歴史的に見て十分な注意が必要だと思います。
天皇になるには想像を超える覚悟と準備が必要。
(女系は色々議論があるが)男系の愛子さまについては次期天皇候補として当然検討すべきだし、ご年齢を考えると早急な議論が必要だと思う。
象徴でなければ男系とかその維持のために側室制度とかあっても良いと思うが、象徴であるのであれば男女平等でないとそもそも象徴の意義が問われる。受け入れる人もいるが受け入れない人もいるのは象徴としては安定感にかけるし、受け入れない人が今後増えると思う(私見)。

まあNPだけかもしれないけど、これに対して女性側が全く敏感でない(男女不平等に極めて寛容)から、当分は変わらないかもしれないし、自分たちで変えることもできないかもしれない。男系社会で自分はうまくやっているから自分が不利になる男女平等に興味ないんだろう。


以下、過去記事コメント転記(パッとコメントしているわけではないよ)
2016年03月10日
https://newspicks.com/news/1437955?ref=user_527032

国連とはちょっと別の個人的意見であるが、象徴であるからこそ、理念として男女平等を実現してほしいとは思う。
歌舞伎は伝統文化だが、天皇は象徴。

ただ、一方で、象徴であるがゆえに、外から焚きつけられて変えるものではなく、変えるのであれば日本人が決めるべきことである。
枝野代表の発言を引用すると、「女性や女系天皇に対する国民の理解や支持は非常に大きい。女性・女系天皇や女性宮家の問題については、参議院選挙に向けてしっかり訴えて、国民の理解をさらに広めていきたい」と語ったとのこと。見出しにあるような「女系」にことさらフォーカスしたものではなく、議論を喚起するのが狙いと受け止めたほうがよいでしょう。

一方、立憲民主党の基本政策をみると、安定的な皇位継承についての記述はみあたりません。昨年夏から秋にかけて党内に「安定的な皇位継承を考える会」(会長=海江田万里最高顧問)を設置し、石原信雄・元官房副長官や長谷部恭男・早大教授らを招いて意見聴取をした模様が党のHPで紹介されています。

また、国民民主党は基本政策に「象徴天皇制のもと、皇位の安定的継承と女性宮家の創設を図る」との一文があります。

自民党の2017年衆院選公約をみると、皇位継承のくだりはなし。公明党も明記はなく、同年の衆院憲法審査会で北側一雄・党憲法調査会長は「極めて重要な課題だが、拙速な議論を慎み、一定の時間軸の中で、国民の意識や皇室の状況なども見極め、国民の合意を形成していくことが適切」と述べています。共産党は現行憲法を擁護する立場から当面の象徴天皇制を容認していますが、皇位継承問題に立ち至った論評はみあたりません。

このように、小泉政権や野田政権で具体的な検討に手をつけたこともある皇位継承問題について、合意形成を進めるモメンタムは安倍政権下でしぼんだことがうかがえます。具体的な継承順位が現在も存在するだけに難しい問題ですが、この代替わりをきっかけに、ふたたび議論を深めていくことは、将来の混乱を回避するためにも重要なことだと思います。
枝野氏の国民に対する理解が非常に小さい
枝野氏は「女性や女系天皇に対する国民の理解や支持は非常に大きい」とした上で、さらに理解を深めていきたいと発言した。今後の安定した皇位継承を考える上で避けては通れない議論になると思う。与野党問わず、意見を出し合い方向性を定めていく必要があり、まずはその場を儲けることが大切だと感じる。
女性天皇と女系天皇では全く意味が違うのに…