新着Pick
1037Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
納得の答え。中国のアリババも同じ回答でした。昨年、アリババの物流企業・菜鳥を取材しましたが、彼らも目指すのは省人化と非熟練労働者でもスムースに働けるスマート倉庫だと話していました。
理由を聞くと、完全無人化は大衆受けする話題であるものの費用対効果が悪い。人を使ったほうが安いところは人を使う、ただしタスクの明確化などにより、今日来た労働者でもすぐに働けるようなシステムにして人手不足に対処するという考えです
もちろん、完全自動化を目指して研究開発は進めていくのでしょうが、実際に実現できるようになるまでは10年という話だと理解しました。

Amazonは下記のようなコンテストを開催しており、日本から参加したチームも結構上位に食い込むこともあります。

Amazonも課題解決で“共創”、倉庫の自動化競う「Picking Challenge」を実施
http://digital-innovation-lab.jp/picking-challenge/

他の企業さんの倉庫自動化のためのロボットを見せていただきましたが「さくさく動く」ができずに、すごい時間を掛けていました。また、人間0とできないとなったとき、安全性の確保も課題だと思います。
いろんな見方が湧き出てくる発言です。技術革新の速度には加速もあれば、その反動からの停滞も不連続もあります。90年代半ばからのデジタル革命も一直線で来たわけではなく、2000年代前半のネットバブル崩壊があり、ゲームのアタリショックもありました。AI革命の大波も、とりあえず物流に対しては一服感があるのかも知れません。その代わり、とんでもないところから間欠泉のように噴き出すような気もします。
その一方で、期待先行の高まりを嫌った熱冷ましの政治的発言では、と考えたりします。アマゾンは人を驚かせて成長してきた企業です。「できて当たり前」と思われたくないのかも。
クルマよりずっと外乱の少ない、倉庫でさえそうなんですからねぇ。。。
時代は常に皆が思うほど簡単に先には進まない。AIがマーケティングに導入され、今もっともマーケターに求められているのはどのデータをどう取るか、どう見るか、という力で、この自動化にはかなりの時間がかかる。また、データがとれるからこそ、問い合わせ窓口のような顧客対応も、むしろ人でなければできない細かい臨機応変力が必要とされることがたくさんある。

要するに人とAIは得意領域が全く異なる、種類の違う生き物だと思う。ライオンとミジンコくらい違う。それぞれが良しとすることも全然違って当然だ。

AIは現在の機械学習である限り人と同じようには決してならない。だからこそ、進化していってしまうと人と異なる価値判断で、人が望まない方向に物事を進めていく存在にもなりうるだろう。だからこそ、きちんと人がコントロールできるように今から対策が必要ではないかと常日頃思う。
「あと10年かかる」 何度も聞いたコメント.
「なぜ「囲碁」だったのか。なぜ「10年かかる」と言われていたのか」
https://wired.jp/2016/03/15/the-mystery-of-go/
年数はあてにならない.人間は現在の状況とちょっと前の状況を見比べて線形でしかものを考えられない生き物らしい.
作業のどこから始まって、どこで終わる自動化?

「近く」のうち、「現在の技術では、少なくとも10年」かかる、といってるだけで、全く不可能とは言っていない。

自動車の自動運転の開発では、同一方向に連続的な4ないし5段階に層別し、あたかも、自動運転技術の開発が着実に正解に向かっているかのような印象を与える説明が多いが、それよりは誠実。

倉庫作業の自動化に何が障害になっているかは分からないが、実務に責任を負っているから、むやみに夢は語らないのだろう。
「完全」であることは、ニュースバリュー以外の意味はなく、人間のほうが安いところは人間というのが合理的。では5割自動化なのか、7割なのか9割なのかが問題でここには答えてません。
AIにしても、人間には単純な計算でもAIに解かせようとすると、すごいマシンパワーと電力を食うことになってしまい、「貴重なマシンリソースは使わず、そんなもんなら人間にやらせておけ」という判断になるものも多くなります。そういう意味で「機械化」という言葉や発想ではなく、基本は機械で完結させたいが、コスパが悪いところは人間がやる、という感じが正しい理解かと思います
気になる発言。積極的に自動化を進めるアマゾンでも完全に自動化するというのはなかなか難しいということなのですね。

ちなみにアマゾンは4月に倉庫で商品を移動させる自動運転カートを製造しているというロボティクス関連スタートアップ企業の米キャンバス・テクノロジーを買収しています。
https://newspicks.com/news/3815634

AIで仕事が奪われると心配されていますが、すぐには代替されない仕事もやはりあるということではないでしょうか。
逆にいうと後10年あれば完全自動化できるということ。その前にも今は流通倉庫関連の正規従業員だけで12万5000人いるのがここから数年でかなりの人数が減っていくことは間違いない >アマゾン、倉庫の完全自動化の可能性排除 「あと10年かかる」
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績