新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売上の6割を占めるiPhoneの売上不振がつづいています。中国市場でのマイナスが大きい。この傾向は当分つづきそうです。

そのマイナス分を解消する策として打ち出したのがApple Card。この夏から米国で、高額のアップル製品をApple Card(自由返済型リボカード)で購入できるようにしました。

加えて、金利収入のレベニューシェアが入る。金利が貢献するのは2020年になる予測。思惑通り行くかどうか、見ものです。
ええ〜? 事前予想より良かったので、時間外では株価上げてますよ!!! 日本の一般メディアだけの「いつものこと」とはいえ、何で意味不明な絶対評価をするんでしょう? 時代を変えるのなら、こういうことから変えて欲しいです。
減収減益 特にiPhoneは歴史的17%減
しかしガイダンス(事前予想)は超え
かつ増配と自社株買いを発表

という事で株価は上げた。ゆえに時価総額は3位キープ
とは言え株価収益倍率は16倍と他IT巨人の半分。
つまり成長性は買われていない。
ようはバカ高いiPhoneに乗っかったブランド代で稼ぐ利益頼み

相変わらず本質的、中長期的には競合ひしめくone of the サービス企業へと凋落、短期的にはiPhoneレガシーによる財務力で楽観、という会社です。
もうすでに皆様コメントされているが、減収減益でも市場予想は上回っていて、株価は上がっている。
スマホ全体としてはサチってきているなかで、まだサービス含めて稼ぎようがあることを好感。とはいえ、台数・機能の両面でサチってきているなかで、未来に向けて台数減は業界でのパワー減少にもつながる。そして電子機器においては、そういうフェーズではコストが安いプレイヤーがどんどんシェアを奪ってきたことが歴史でもある。プレミアム志向をずっと続けてきた中で、そこへの対策は依然見えず。

会社発表を見て、いくつか。なお、製品と商戦時期で季節性はある点は注意。
①売上でサービスが占める比率は前年同四半期16%→20%と引き続き増加。粗利では26%→33%と、1/3はサービスになっている。
②地域別売上は中国が大きく減少(前年同期138億ドル→102億)。一方で全体では611億ドル→580億とほぼ中国の下落で、日本に至っては54.7億ドル→55.3億ドルと増加。
③下記MarketWatch記事を見ると、サービスだけでなくハードでもiPhone以外、特にiPadとApple Watchが好調。
④去年は有機EL部品か在庫が増加していたが、今年は抑えられている

決算:https://apple.co/2V4xKS8
MarketWatch:https://on.mktw.net/2GKPc4i
中国のスマホ市場は、ファーウエイやXiaomiが凄いですからね。廉価版も出てるし、カメラとかの性能がめちゃくちゃ良い高価格帯の商品ラインアップも出ていて、この高価格帯のほうが、iPhoneとぶつかるのでしょう。

とはいえ、私はApple信者として昨日、令和の時代に心機一転ということで、iPhone XS Maxに機種変更してきました。今後もApple信者として、ライフタイムバリュー最大化に努めます。
アップルの四半期決算は、売上高が前年同期比5%減の580億1500万ドル、純利益は16%減の115億6100万ドルとなり、2四半期連続の減収減益となりました。

4%近く下げたアップル株は時間外取引で5%近く上昇しています。
https://www.cnbc.com/quotes/?symbol=AAPL

第3四半期の売上高見通しは、市場予想を上回ったことが好感されたよう。
また、粗利益率については、37-38%になるとの見通しを示しました。「これを受けて市場では、在庫解消策としての過剰なアイフォーン割引はないとの楽観が広がった」とも。
https://newspicks.com/news/3863158
織り込み済みで、売上(特にサービス)・EPS共に予想を上回り、翌四半期のガイダンスも強い事から時間外で株価は5%近く上昇。新たに8兆円以上の自社株買い発表して、究極のバリュー株となりつつある。バークシャーの最大保有銘柄である事も必然。アマゾン・アルファベットという強力すぎる新興勢力向こうに回して、マイクロソフト・アップルだけが時価総額1兆ドル超え、世界最大の時価総額の座争ってるのは、両者共にしぶといとしか言いようがない。
アップルは減収減益となったものの、音楽配信などサービス事業が予想を上回る売上高に。株価は時間外で大幅高となっている。
https://finance.yahoo.com/quote/AAPL/

Appleのレポート
https://www.apple.com/newsroom/2019/04/apple-reports-second-quarter-results/
Appleのサブスクリプションは「先立つものがなければ成り立たない」サービスばかり。
主要なiPhoneの売上減は、他のハードにも波及しかねない。

サービス重視であれ、Appleの場合は自社ハードに大きく左右される。販売台数は重要な指標だと思うけど。
iPhone が売れていないのは、イオンモバイルの売り場を見ていても良く分かります。
→ほぼ毎日前を通ります

スマホ自体の高品質化、高機能化の限界はある程度分かっていたことだと信じたいです。
そして、新しいサービスであるApple Cardをどのように活用していくのか、音楽配信サービスなどを安定した収益の柱の一つに出来るのか?事業のポートフォリオを構築できるのか?に注目しています。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
198 兆円

業績