新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こういうコトはニホンに限らず、学者コミュニティでは、大学レベルから国家レベル、(国際)学会レベルまで頻繁に起こります メリケンや欧大学で、その悪影響を重大なものにしないよう防いでいるのは、外部からの教員の雇用(あと、長期視点で傍流の価値を見極める目利きの数とその意見が通る環境)、なんですねぇ 大学人材の動きが国境を跨いで極端に少ないニホンだけに、悪影響が重篤になってしまったのでしょうねぇ ただ、もう少し後の、80年代後半から90年代別前半には、電総研にはオモシロイ研究をしてらっしゃる方々が沢山いらっしゃった、と記憶しています(ちょっと憧れた記憶が、最近アテにならないのですが)

「松原先生は、「ひどい偏見の時代が長く続いた悪影響で、日本のAI研究者はある世代が極端に少ないんです。ちょうど私たちの世代です」と笑う。「その分、研究は海外に大きく遅れをとってしまったかもしれませんね」と。」
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績