新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の儀式は、光格天皇以来202年ぶりです。
光格天皇は天皇陛下のような仁ある大君でした。けさの毎日新聞の余禄から引用しますが、「民草(たみくさ)に露の情けをかけよかし代々の守りの国の司(つかさ)は」という歌を将軍家斉に贈りました。これは、幕政の慣例を破り、朝廷が権力を握る幕府に仁政を求めた歌として知られています。天明の飢饉で「御所千度参り」と呼ばれた民衆の群集行動がありましたが、幕府に窮民救済を求めて救い米を放出させもしました。
常に民に寄り添い、民のために行動した光格天皇でした。そして、私たちは同じように、いやそれ以上に、ひたすら民を想う天皇陛下を同時代に見ることができました。その幸せを思います。
平成が名残惜しいです。
平成の30年、経済的には停滞の時代でしたが、戦争がなかったのは素晴らしい。天皇陛下のお気持ちが国民に共感されていたと言えるのではないでしょうか。ご退位後は、好きな研究に打ち込まれ、平穏な日々をお過ごし頂きたいです。

平成の30年の金融経済の観点からの振り返りは、以下の別pickご参照下さい。
https://newspicks.com/news/3841201/
平成天皇は非常に多くの日本国民に親しまれ、素晴らしい。
退位後もご健勝をお祈りする。
4月にしては寒い雨模様となりました。
今日の天皇陛下の、「退位礼正殿の儀」をもって一連の儀式が終わります。今日一日が、つつがなく厳かな雰囲気で終わることを願っております。
昨日も天皇皇后両陛下のご成婚や、天皇陛下の初の外遊のであるイギリスへの訪問など特集番組が組まれていましたが、改めて、天皇陛下は、象徴天皇とはどうあるべきかに真摯に向き合って今まで生きてこられたのだと感じました。

本当にありがとうございましたと心から申し上げたいと思います。

そして、跡を継ぐ皇太子殿下の重責を思うと、明日からの一連の即位の儀式もまたつつがなく平和にあって欲しいと思っています。
午後5時から執り行われる「退位礼正殿の儀」の後、天皇陛下が、国民への最後のおことばを述べられる予定になっているとのこと。

多忙な公務でありながら、皇后さまと共にたくさんの場所を訪れ多くの国民の心を救って下さったことに心より感謝致します。
本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
都内に警察が溢れている。
無事に運ぶ事を祈っている。
大切な瞬間を楽しみたい。
改めて、心から素晴らしい退位のされ方であったと思う。平成の時代に思うことは多々あれど、天皇陛下には感謝しかない。ありがとうございました!
202年も行われていなかった儀式を現代でもつつがなく執り行えるというのが凄いです。
多くの予算を福祉や被災地支援に費やしても「冷たい」とか「国民に寄り添ってない」と言いたい放題の国の施策も象徴たる天皇皇后両陛下や皇族の方々が実際の訪問などされると国として心を共にするというのはこういうことなんだと感じる。
今日一日は、自分の平成を総括したいと思います。それで明日から新しい未来を創りたいと思います