新着Pick
251Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も、甲子園を目指し、10年間続けた野球の最後がPL学園に一回戦負け。人生の全てが野球だと思ってた自分にとって、人生の終わりを告げられた様に地面に泣き崩れました。

その時、監督に言われた「野球で負けても、人生で負けるな」は僕の価値観を一瞬で再構築し、その後大学進学や起業などに繋がる、今でも座右の銘として胸に刻んでいる言葉です。

"負け"を知った人は、負けないために努力ができる。
より大きな視点を持てば、それはチャンス以外の何ものでもないと気づくことができる。
勝ちの喜びも、負けの大切さも学べるスポーツは、人生の師です。
堀場厚さん、自宅のなかに工場があり父の仕事場は最高の遊び場所でした、とのこと。子供の頃からお父様の堀場雅夫さんの仕事ぶりをずっとご覧になるとは、何と贅沢なことでしょう。
負けた経験は人間を強くしてくれる。スポーツは、負ける経験を何度もさせてくれ、その悔しさを知る人は、負けないために努力することができる、とのこと。全く同感です。
勝負ごともそうですが、ままならない経験が強くすることに共感。

希望を科学する希望学によると、挫折経験があるほど将来の希望は叶っているというデータが出ている。裏側には挑戦をし、ままならない現実を受け止め目標設定をうまく調整しているから満足感も高い。
スポーツに打ち込んできた経験の重要性が書かれており、あまりこのような視点で物事を考えたことがなかったので、新鮮でした。確かにそのような側面はあるのかもしれません。

引用>スポーツをしてこなかった人は、「自分はこんなに努力しているのだから、うまくいかないのは社会が悪い」「会社が悪い」というふうに不満を抱く、「他責」の考えをしがちです。

努力したからといって報われるとは限らないけれど、努力しなければ確実に負ける。

そんな厳しい勝負の世界で鍛えられてきた人は、仕事でも粘り強く、いい結果を残す確率が高いように思います。
小さな負けを少し大きな負けに捉える。
少しずつ大きな負けにも挑戦。
「負けること」は、自分が足りない部分を学べるということです。

ですから、負けることで、自分が足りない部分を認識し、強化できます。

そう考えると、負けた経験が少ない人ほど、弱みが残っているということかもしれません。

いわゆるエリートの方々が、普通であれば、それほどタイトではない局面で、馬脚をあらわしてしまうのは、そういった面も関係するかもしれませんね。
スポーツ含め、限界の存在を知るってことは本当に重要だと思う。
僕自身は大学までやってたテニスでそれを痛感しました。
「おもしろ、おかしく」という社是がとてもステキです。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。