新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
両眼を使った知覚や認知に関して、過去に色々な研究結果が発表されており、
その結果から「12歳以下(13歳未満)はVRを長時間プレイするのは避けたほうがいい」と導き出せそうではあります。

ただ、確かに
「VRでの臨床実験の結果が現時点で議論するほど十分な数でているか?」
というと、足りないかもしれません。


[過去の読みやすいまとめ記事]
低年齢層がVRをプレイすると斜視になる危険性? PS VRのソニーと生理学の権威に見解を聞いた, 2016年10月22日 18時00分 公開 by Kikka,ねとらぼ
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/21/news090.html


VRプレイで斜視になる可能性と、逆にVRを利用した治療!, 2017/4/23 by Report Hot Cafe
https://report.hot-cafe.net/vr-risk-and-treatment-779

VRデバイスを処方し弱視や斜視の治療 処方用アプリが登場
2017.10.16, by フォルト moruraVR
https://www.moguravr.com/vivid-vision-home-vr/
グリーの子供向けVRゲームは単眼タイプで、対象年齢は3歳以上。両眼の視差を利用した2眼タイプでなければ、対象年齢を下げられる例はある(グリーも医学的な見地で検証はしているでしょう)。Nintendo Labo VR Kitにも単眼モードがあり、機器側の工夫で子供向けへ対応は出来そうだけど、単眼も全く問題がない訳ではないのかな。

斜視が問題なら、瞳孔間距離を調整出来れば対象年齢を下げられそうですが、脳に与える影響とか、色んな角度から見ないといけないのだろうか。

『グリー株式会社 (GREE, Inc.) - ニュース - 公式ブログ - 2018年 - 3歳から体験可能なVRゲーム開発秘話!~ママさんプランナーと20代パパエンジニアが「子どもに体験させたい」未来の遊び~』
https://corp.gree.net/jp/ja/news/blog/2018/03/03.html
Oculus、任天堂の対応がVRと子供という観点でよくわかりました。今回質問に答えられた医師は
「総務省・経済産業省のVRに関する諸研究委員会に長年関わっているメンバーで、臨床の現場では主に子どもの斜視の治療をしてきた専門家」だそう。