新着Pick
517Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「初任給からのマネー習慣」というテーマでインタビューを頂きました。

最近、将来に向けた資産運用について真剣に悩む20代の方々が増えています。終身雇用の終焉と、少子高齢化による年金不安がその背景にあります。

「社会人になって、どうやって資産運用を始めたら良いですか」と聞かれれば、
・資産運用は「長期・積立・分散」がベース
・複利効果を考えると、早く始める方が良い
ということになります。

しかし、「20代ならば資産運用よりも先にするべきことがある」ということも、必ず付け加えるようにしています。それは、「将来の自分のための自己投資」です。

グローバルな分散投資が成功しやすい理由は、世界経済が年間3-4%で成長し続けているから。しかし、20代の方が10万円を自分自身の成長のために投資したら、それは将来、何倍、何十倍にもなって返ってくるはずです。資産運用は、自己投資をした後の、残りのお金で十分です。

私自身の経験を振り返ってみても、初任給をもらった当時、英会話で借金を抱えていました。当時、リターンまで考えて合理的に行動していたわけではありません。しかし、結果的には、その後の起業家としてのキャリアにつながっていきました。

ーーー
...と書いたところで、昨日の山崎元さんのインタビュー記事を読むと、「おすすめしないのは、英会話、借金...」とあります。当時の私の行動は、山崎さんのアドバイスのまるで正反対です。(ちなみに、深いところでは山崎さんと私の言っていることには共通点もありそうです。)

このように正反対のアドバイスが出てくるのも、Newspicksの良さだと思います。どのアドバイスをどう活用するか、あるいは、どちらも選ばずに第3の道を選ぶのかは、私たち一人ひとりが決めること。大学教育を受けることの意味は、自分の頭で考えて判断できるようになることです。それを実践する第一歩が、初任給の使い道なのかもしれません。
キャリアアップしたい新入社員の人は、特に必読です。借金をする「リスク高めの初任給論」ですが、リスクを取ってリターンを取れた起業家の好例だとおもいます。ウェルスナビの柴山さんは、東大法学部→財務省→ハーバード→マッキンゼー→INSEAD→起業などピカピカのキャリアを積んできた人に見えますが、実際はかなりの努力家ということもよくわかります(失礼ながら)。

20代のピッカーの方は、どんな自己投資をしているでしょうか?また、30歳オーバーのピッカーのみなさんはどんな自己投資をされていたでしょうか?

本連載の第1回はこちらです↓↓↓
■【山崎元】新入社員がGWに考えたい「初任給からのマネー習慣」
https://newspicks.com/news/3857889
本当にそうですね、と思いつつ私が若い頃に何か自己投資をしたかといえば、実は何もしてこなかったなあと、改めて思います。
恥ずかしながら、資産どころか親から継いだ借金しかなかったし、かといって自己投資をするなどという高い意識もありませんでした。

ただ今思い返してみるに、若い時にある最も充実した資本は、実はお金ではなく、身体と時間だったのではないかと思います。

一生懸命何かに打ち込むというのは、人生においてとても大事な事ですが、実は簡単なようで難しい事です。
仕事でも、勉強でも、資格試験でも、芸術や創作、あるいは人間関係の構築でもなんでもいいのですが、それに専心専意集中して打ち込めるのは、気力があり、体力があり、そして何より残された時間がある若い時が圧倒的に有利なのです。

逆にお金は歳をとってからも活用する事は出来ますし、それどころか年齢の経過で相対的に金融資本を持っている高齢者の方が資産運用は圧倒的に有利です。

若い時にしかない気力・体力・時間という資本を活かし、何かに一生懸命取り組むということこそが、お金の投資より大事なのではないでしょうか。
資産運用ビジネスに従事する人間が言うのはあれですが、「20-30代で投資運用に時間を割くくらいなら自己投資に注力すべき」と考えており、本記事で柴山CEOがお話になっていることには100%同意です。
目先の損得はあまり気にせずに自分の経験や人間関係等が豊かになるように何でも取り組むことが結局は自分の戦略資産になりますし、人生が充実するように考えています。
私自身の思い出として、27歳でロンドン赴任になった時に、ヒースロー空港まで迎えに来てくれた元上司から「借金してでも遊びなさい」とアドバイスされ、そこから約8年間の駐在期間中は夜間大学院での勉強や旅行、クラシックダンスレッスン等、全力で「遊び」まくりました。
ひとつひとつの経験が現在のビジネスに直接役に立っているかというと難しいですが、私の人生を豊かにしてくれていることは間違いないように感じています。
このシリーズを読んで改めて自分の20代を振り返っているのですが…
公認会計士の試験を受ける為に朝5時半起きでお弁当を作って水道橋まで毎日通っていた時は、本当に真面目に勉強しました。
私は、法学部出身で実は電卓を使えなかった人で、簿記が何かも知らないで試験勉強を始めました。1年でよく受かったよね…と今から振り返っても思いますが、あの1年が人生で最大の賭けでした。で、生活費はどうしていたんだっけ⁇と思い出すと、貯金を取り崩していました。
公認会計士試験が終わって合格発表まで、英会話レッスンを受けていたりしたのですが→(これもさっき思い出した)、借金はしませんでした。
公務員の頃は、結構お金を使って遊んでいたはずですが、あのお金はどこにあったのか?考えてみたら、5歳の時からコツコツ貯めたお年玉貯金でした❗️

今の子供達がどれくらいお年玉をもらっているか分からないのですが、お年玉を貯金しておくと20代で少しはリスク取れるかもしれません。
いや、今は超低金利だから、貯金では無理かも…

とにかく、20代には自分への投資が大切です。
それが、30代の飛躍に繋がるはずです。
20代どころか資産運用を考えるのはずっと後でいいと思います。20代での年収には差がつきにくいですが、30,40代になると100万や1000万の年収差は20代,30代での仕事や自己投資の成果で簡単に差がつくはずです。
「若い頃の苦労は買ってでもしろ」の買ってでも、というのは誇張ではありません
"自分に対して投資を行った場合のリターンは大きいです。20代の人だと世界経済よりも速く、力強く成長しているからです"
「いい借金」はいい言葉ですね。
日本はデフレが長期間放置された影響もあり、「借金=悪」と認識しがちな人が多く、様々なチャンスを逃している印象です。
最近米国でIPOしている企業(リフト、ウーバーなど)は、上場1年生なのに赤字ばっかり、という話に通じていますね。
記事読んで、ふと思い出したのですが、知っておいた方が良いこととして、若手の方にお伝えすることがありました。

お勤め先の歴史を知ること、また、創業者がどんな方だったか知ること、です。

ご指摘の通り、仕事上、必要な知識はごまんとありますが、専門知識よりも、相手(組織)のことをよくることが大事です。

すると、なぜ今こうなっているのか、疑問に思うことを、論理的な理由だけではなく、歴史的な理由も含めて知ることができて、納得できることが多くなります。

また、自社の原点、を知ることも、意思決定の考え方を知ることにつながり、後々、メリットになるはずです。

企業さんによっては、書籍やケーススタディになっていることもあるので、それらに触れておくと良い、と考えます。
平成までは、そこそこの会社に入れると成長できました。これからは、令和からは、どんな会社に入るにせよ、いかに自己成長できるかが課題となります。
ただ、自己啓発本やビジネス本を読み漁っても、ビジネススクールに通っても、成長できません。必要なのは経験。
その意味では、良い兼業副業が鍵になります。大学生のうちから、複数の仕事を進めるスキルを持っておくことが必要です。