新着Pick

ヤマト、引っ越し再開めど立たず 今期業績予想から除外

産経ニュース
宅配便大手のヤマトホールディングスは26日開いた平成31年3月期連結決算の発表会見で、料金の過大請求が発覚し受注を停止している子会社「ヤマトホームコンビニエンス」の引っ越しサービスについて、9月以前に再開しないことを前提に今期の業績予想を立てていることを明らかにした。業務再開のめどがたっていないため。
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
システム改修に言及していますが、そもそもオペレーションに任せず悪さしようにもできない状況を作るのは本質的な取り組み。
ヤマトのように古くからIT化を進めてきた会社はシステムがレガシーすぎて改修がめちゃくちゃ大変ということはよくあります。SIerさんには頑張ってほしい…。
よく分からないのが、請求先が企業だと言うことだ。

相見積りで業者選定し、料金単価や作業条件を予め確認しているはずなのに、肝心の実際の荷物量の確認を怠っていたというところが、理解できない。
どのようにして、過大が判明したのだろう?

作業者の倫理ということでなく請負作業の確認不良ということだろう。過大があるなら、過小もあるかもしれない。

荷物の量ではなく、延べ作業時間に応じた料金にすればどうか?
「システム改修などは時間をかけて慎重に行う」、「商品別に再開を図るとしているが、具体的な計画はできていない」とのことですが、社内で解決できるはずのこういった要因だけが原因なのか・・・ もともと各所と闘いながら道を拓いたヤマトの関係だけに、なにか、外部から別の圧力が掛かっているように感じないでもありません。何の根拠もない感覚ですが、なんだか違和感が拭えない σ(^^;
自分も3月中に引っ越そうと2月はじめに予約を確認したところ、どこもいっぱいで、結局4月中旬まで待たされました。3月ほどではないにせよ、9月も人事異動に伴う引越需要が高まる季節。この年度末と同じような事態が起きなければいいが…。
ヤマトは今年に入り、4月以降の引っ越し再開を見込んでいるとしていたものの、システム改修など時間をかけて慎重に行うとのことで9月より前に再開することはないと発表した。

【ヤマト引っ越し彫金過大請求に関する時系列】
昨年7月の元社員が東京都内で記者会見し発覚したヤマト子会社の「引越し料金過大請求」
https://newspicks.com/news/3143754
ヤマトは謝罪したものの、会社ぐるみではない、指示はないと会見
https://newspicks.com/news/3194775
その後、すべての事業所で過大請求が行われていることが発覚
https://newspicks.com/news/3224561
今期の業績予想に関して、引っ越し再開にめどが立たないことを明らかにしました。
【社会】引越業界の需給バランスはかなり厳しくなっているのだと思う。肌感覚でしかないのだけど、最近目にする引越現場はどこもトラックの中に自社以外の運送会社のトラックと人員を見かける。おそらくトラックと人材が不足しているため、中小の運送業者に部分的に委託してるのではないかな?
NKKスイッチズ株式会社(英名: NKK SWITCHES CO., LTD.)は、産業機器用の操作スイッチ専業の製造会社。特にトグルスイッチで世界的に高いシェアを持つ。1995年のエレクトロニック・バイヤーズ・ニュース(EBN誌)にて、スイッチ部門で世界のトップ5に選ばれている。 ウィキペディア
時価総額
39.9 億円

業績

ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
6,995 億円

業績