新着Pick
575Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同感です。さらに地方高校から海外大学に進んだ私からすれば、「選ぶ」姿を見せてくれるロールモデルがいないことも大きいですね。

高校では偏差値順に上から大学を選ばされ、大学では就職ランキングや世間の評価が高い順に受け続け、就職してやっと「あれ?これってやりたかったことだっけ?」と気づく。自分には選択肢があって「選べた」からそれを自分で「選んだ」道なのだと勘違いしているケースが多いです。

キャリア上で前列がないことを「選ぶ」ことがもっと奨励される世の中になれば、というのが一番の思いです。選択肢の中だけではなく、新しい道筋を作ることも「選ぶ」に含まれることを理解してもらいたい。
二兎追うものは一兎も得ず。わかってはいても何とかどっちも得ようとして結局全てが中途半端になりがち。みんないつまでも正解を探し過ぎなんだと思う。でも選択には正解はない。選んだことを正解にするだけ。だとすれば心の声に従ってさっさと選んで正解にしていくプロセスに時間をかけて成功確率を上げる方がいい。

『さまざまなしがらみの中で、それでも自分にとって一番悔いがないこと、人生の中で一番大事なことを選ぶというのが自由です。すべてのことには痛みを伴うので、一番重要なものを選んだら、2番目、3番目のことが必ず犠牲になります。』
次のチャレンジに際し、休みを取って自由なイスラム国家(いわゆる世俗主義)のトルコとエジプトにきているのですが、ここで強く感じた事は、宗教や経済状況などの圧倒的環境要素があっても、人は自分の意思で本当は「選ぶ」事ができるという事。

そして、その選択が正しかったからではなく、「自分で選んだ」という行為自体が意思を強くし、人を頑張らせ、結果成功する人が多い。

また、そういう人と一緒にいると見習う事が非常に多いので、周りへの良い影響も大きい。
日本でも是非そういう方が増えるといいですね。
そうですかねえ。選んだつもりで結局誰もがクラゲなんだと思いますよ。ていうかお釈迦様の手の上の悟空みたいなもの。私は自分の人生を自分で選んだとは思っていませんし、これからもそうだと思います。人間はすべからく分子のようなものに過ぎないと思ってます。

しかし一方で、私は、誰かに必要される人間になりたいとは思ってます。人に求められ、自分が役に立てるのならば何処へでも行こうと思っています。波にたゆたいながらも、同時代に生きる人に自分ならではの何かで役に立てる存在でいること、それが自由なのではないでしょうか。
選べる状況にあっても、選ばないうちに時間が過ぎていく。
「私は選べる」と思っているうちに、いつのまにか選べないようになっているというケースもあります。
「選ぶ」ことにもトレーニングの要素があるから、選び続けて、選ぶ力を上げていきたいものです。

自分で決定することが、幸福感を左右するという研究もありました。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58124
死を意識できる生物であるからこそ、選ぶことが自由なのかなと。
氏が仰る通り、今後、機会格差は大きくなると思います。ただ、どうしようもないことが多い中で、能動的に動けば得られるチャンスも増えると思います。
目指す方向性など含めて最近考えていた内容に当てはまることが多く、とても共感しました。
非常に良い話ですね。有料会員で良かったと思う瞬間です。でも、この話は、「選ぶ」ことが出来る能力のある人や「選ぶ」ことが好きな人には、と言う限定です。

別に全員が、こうならなくても良いと思うんですよね。こうなりたいと願う人だけで。「選ぶ」には、様々な情報を集めて、選択肢を用意して、どれか一つを期限までに選択しなければなりません。それを「苦痛」と考える人たちも居ますので、「クラゲ人生」を謳歌するのもありだと思います。それを証拠に、晩ご飯、何を作るのか選ぶの、嫌な人多くありませんか?
進撃の巨人風にいえば「この世界は、残酷で美しい」です。

ただ、クラゲ人生選ぶも自由。自分で考えて責任を負おうという人にとって、自由はありがたいものですが、それできない人にとっては自由は不自由になりますね。
選ぶ為には自分の意志が必要。意志を持って泳ぐには背骨が必要。まさにですね。意志を持った選択の連続をし続けられるよう、サイコロの感触は意識してたいなぁ
「選べる」ではなく「選ぶ」。結構重要だと思います。
基本的に人間は常に選択をしているわけで、意志を持って選んでいるという意識をきちんと持つことが重要だと思っています。
クラゲという例えが文中にありましたが、クラゲになることを意志をもって選べばいい。
様々な制約から選ばさばるを得ないという側面ももちろんありますが、それすらも意志を持って選んでいるはずですし、やらないって決めちゃえば、全部投げ出すことだってできるわけですから。
自由とは、自分で決めて責任持ってちゃんとやりきることだと理解しています。
この連載について
新時代・令和の幕開け。景気の停滞、少子高齢化…様々な問題が浮き彫りとなった平成を経て、令和は価値観の変革が起き、社会が大きく変わるだろう。変化の時代を、どう生きるか。各界のトップランナーのインタビューから、そのヒントを探る。