新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の招きに応じて態々米国まで赴いて、2月の米朝首脳会談のような形でトランプ大統領に袖にされるようなことは、それでなくても絶対的な権威に多少の陰りが見えないでもない習国家主席にとって、とてもできない相談であるはずで、本当に訪米するのであれば、大丈夫と判断するに足る最終合意のお膳立てが出来たのでしょう、たぶん。
米中貿易戦争が経済に影を落とす中国は、中国の特色ある社会主義の未来、つまり中国のパワー(中長期的な経済と勢力圏の拡大)を傷つけないマネー(足元の貿易、為替といった経済)の範囲で当然米国との落としどころを探るはず。トランプ大統領も、米中が合意すれば世界経済の先行き見通しが良くなり、大統領選に向け米国民に大きなアピール材料になるでしょうから、中国をそれなりに手玉にとった形が作れれば当然合意したいはず。
将来のパワーの話より足もとの経済的な話に関心が強そうに思えるトランプ大統領と、足元の経済的な面で多少は譲っても、中長期的なパワーを維持することに重きを置くだろう習国家主席ですから、それなりの合意は双方が望めばできるでしょう。このところ米国側から米中貿易協議の合意が着々と近付いているとの話が出ていますしね。
でも、ここまで来たら、足元の形を整えるだけの中途半端な米中合意が、我が国を含む民主国家の未来にとって良いのかどうか、微妙なように感じないでもありません。本当に習国家主席のホワイトハウス訪問があるのかどうか、どんな形で合意が成立するのか、興味をそそられるニュースです・・・ (@_@)
現時点では、首脳会談がセットされるかどうかが、通商交渉の進捗を測る唯一のシグナルです。ただ、それがセットされた際の発表自体においても、トランプ大統領は従来の外交儀礼や事前交渉で整えた手筈を崩してくるでしょうね。
次の一手。
日本が連休中の30日に米通商代表部のライトハイザー代表とムニューシン財務長官が中国を訪れる予定となっています。

トランプ大統領の側近は大統領の本発言に驚いているとの報道も。
https://newspicks.com/news/3853676
米中共に追い詰められているはず。しかし実際どこまで交渉が進み妥協が見いだせるか疑問。中国もはっきりした同意が出来なければ習主席がノコノコとワシントンに出向くことはないだろう。中国側の出方を見たい。