新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロフトさんは化粧品の都市型小型店舗という新業態にも挑戦しています。年10店ベースで50店を目指すとのことなのでかなり本腰な感じです。
https://newspicks.com/news/3807882/

雑貨・ロフトだけでは真新しさがなくなっている中で、×コスメ、×食、という組み合わせで新しい価値を出す取り組みですね。コスメや食の情報はネットにあふれてはいるけれど、ふらっと歩いていて偶然の出会いでぱっと買うことも多い商材。単価が低くぱっと買いやすいこともあり、リアル店舗で売る商材としては悪くないと思います。

オリジナル商品ではなくあくまでロフトならではの目利き・企画力で勝負するのも、コスメと食で一貫していて好きです。
物販店からすると来店頻度を高めやすい食カテゴリ。外食やそれメインの小売店からすると、粗利の掛け方(収益商品か集客商品か)が全く異なるようになるので、どこで価値を出すかは常に考える部分です。
生活雑貨や化粧品などのイメージが強いロフトさんですが、信念さえブレなければ新しいチャレンジはいいと思います。逆に店舗への誘導のために「食」を扱うことは良いアイディアですしね。それよりも大事なのはロフトさんのターゲット層。ドンキホーテなどとは違うターゲット層を持っているため、ロフトさんなりの独自な基準で「食」を展開してほしいなとは思います。
店舗生き残りの道は必ずしもショールーミング店舗のような手法にこだわる必要はなく、ロフトのように体験の設計にこだわり続けるというのも1つのアプローチだと思います。
食は体験を記憶に残るものに変えてくれる+目的ある買い物でなくてもフラッと立ち寄れる場所に変えてくれる。

個人的には食と本は、これからの店舗にとって集客装置になると思う。
先日は化粧品特化型の店舗展開を発表していたロフト。セレクト力は好きなので食でどのような展開を見せるのか興味があります。

ロフトが化粧品特化の小型店 年10店ペースで都心部に(朝日新聞デジタル、2019年4月08日)
https://newspicks.com/news/3807882
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2,813 億円

業績