新着Pick
1029Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksさんに取り上げていただきました!
それも、このボクが髪の毛なびかせながら「第一印象」を語るという、なかなかチャレンジングな記事。
ご一読いただければと!
澤さんのふぁっさーが目を惹く記事。セルフケア、特に見た目はなんだかんだで印象を決めるし、覚えられやすい。わたしも同じグループで働くロン毛族として、同じように気をつけている。

また、笑顔がどう見えるのかも重要なポイント。仏頂面よりも話しかけやすいし、厳しい交渉の時こそ笑いが必要だ。前職時代に3ヶ月以上準備した4桁億円のディールが最後の最後で決裂したことがあったが、相手の役員陣がその瞬間に全員ゲラゲラ笑って「これどうする?これあと?笑」とすぐに切り替えていたのをみて、なんて胆力のある人たちなんだと呆気にとられたことを思い出す。
印象面のセルフプロデュースが上手い方は2種いる。
会場や打ち合わせの場に入ってきた瞬間に場にいい緊張感が走るタイプと皆が笑顔になる軽やかな空気を運んでくるタイプ。
澤さんは圧倒的後者。

その力を持つ人は自分をネタに掴みがある話をできる方。自分をネタに、笑われる、笑わせることで周囲を笑顔にする人。

立場実力ある方がこれをやると外柔内剛でメチャメチャ素敵なのです。
な、なんと澤円さんに
「ふぁっさー」をやっていただきました…!
澤さん、快くご協力くださり、
本当に有難うございました。

今回のインタビューのテーマは
「ビジネスパーソンの第一印象と
セルフプロデュース」。

襟足や爪、ヒゲなどのパーツが
清潔だったり、髪型がちょっとおしゃれなだけで
差別化要素になるということは、
ちょっとした心がけ次第で第一印象は
上積みしていけるということ。

大がかりな変身を遂げなくても、
清潔感をいつもの1.5倍心掛けるだけで
第一印象は変えられるのではないでしょうか。

セルフケアを怠ることで
「生理的に無理」と思われるマイナス効果。
一期一会だと挽回する機会がなく、
その印象のまま残るのは残念なこと。

澤さんがおっしゃるよう、
対峙する人へのマナーであり、
贈り物として清潔を心掛けることは
100年時代の自分自身の体という
「道具」を磨くことでもあるかと思います。

ぜひ、ご一読くださいませ。
個性をそのまま大事にという観点はもちろんのこと、外見と中身のギャップを意図的に作り出されているのだなと感じました。

人間は「●●なのに△△」という逆説のギャップに弱い。
AKB「アイドルなのに会いに行ける」
女子大生社長「まだ若いのに社長」など…

まさにハイリスクハイリターンな方法だとは思いますが、
外見への先入観を逆手に取って、お仕事ぶりや実績を丁寧に積み上げることで、通常の方の何倍もそのギャップ効果を発揮しているように思います。
インテリアが好きなのですが、インテリアコーディネートのポイントは
「面積の広いものに気をつける」なんですよね。
カーテン、ラグ、壁です。

IKEAにいって、おしゃれじゃん!となって買っても自分の家だと「?」となるのは、このためではないか、と。IKEAのショールームでは壁紙が貼ってあったり、壁に色がついてたりする。

それを人間に当てはめると、髪型は面積でかいので、インパクトありますよね、長髪なら尚更のこと。
かつ、顔よりも洋服の方が面積広いから、パーソナルカラーとかやって、「似合う色」を着るとかが大事そうです。
男性は、このあたり、長髪よりも取り入れやすいかと思います。
"人間は、アリストテレスが提唱した「五感」という概念の呪縛にいまだとらわれている"

共感覚、マルチモーダル、ゾーン:水口哲也が思い描く、これからの「意識のあり方」
https://newspicks.com/news/3864183

より
自己紹介で「ご覧の通り普通のサラリーマンです」という一言だけでどっかんと笑いがとれるのがずるすぎます 笑
私もNewsPicksさんにふぁっさーってやっていただきたいですー♪
今度 ‪@madoka510 ‬さんと ‪@gakuto_akashi ‬さんの対談みてみたい。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.08 兆円

業績