新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フェンシングの場合、審判て電子的になっているような気がするのだが、コミュニケーション必要なのだろうか。セカンドキャリアとしての英語強化ということであれば、それはそれで競技団体としての考え方で、選手時代に海外に出ることもしやすくなるだろうからいいのかもしれない。

ラグビーの場合、日本代表やサンウルブズだと英語喋る選手がキャプテンをやるケースが多い。代表ならリーチだし、サンウルブズならリトル、ミラー、ブリッツ、流、立川、カーク、堀江。流以外は海外のチーム経験ある選手たち。過去の日本代表だと英語堪能な小野晃征がレフリーとのコミュニケーションしていたかも。

ただラグビー選手もトップリーガーならば、外国籍選手が各チーム所属しているので英語でコミュニケーションする機会は多いし、海外に短期でラグビー留学する選手も多いので、必要な英語のコミュニケーションはしているはず。

とはいえ、ラグビーの場合は、レフリーとのコミュニケーションが結構重要なので、英語はわかった方がいいところ。