新着Pick
376Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
〝迷わない〟人なんていないわけで、私も過去、何百回と「辞めるか」「続けるか」の相談を受けてきました。

もちろん「場合による」のは前提ですが、「辞めた方がいい」とか「辞めずにもうちょっと頑張った方がいい」などと、自分の考えを押し付けたことは一度もありません。
結局決めるのは自分自身しかいないですし、乱暴な言い方ですが、私がアドバイスしたところでその人の人生の責任をとれるわけでもないからです。

アドバイスできるとしたら、まさに「決定を先送りして愚痴ばかり」言っている状態は何も生み出さないよ、ということくらいでしょうか。

(と言いながら、私自身も決定を先送りしてモヤモヤしていることがないわけではありません。笑)
僕は目的があるかどうかでアドバイスを変える。
目的があれば応援するし、目的がない場合は止める。

目的がない場合って、一言で言うと不満なんですよ。

・給料が低い
・上司がイケてない
・人間関係が悪い
・仕事がつまらない

とかとか。不満って、自分の成長のレッスンが隠れているから、成長のための大事なサインだと思っています。

なぜその人と合わないのか?なぜイケてないと思っている上司は上司でいれて自分は昇格しないのか?給料が低い、上げられないのはなぜか?

不満の裏には必ず自分が変わっていって成長する余地が残されている。この不満を解消せずに会社を出たとしても、次の会社でも同様の課題にぶち当たるのは目に見えているんです。
辞めたいほどに嫌ならすぐに辞める、すぐに辞めたいほどではないが嫌なら1年様子を見る、嫌じゃなかったら少なくとも3年は耐える、くらいで良いんじゃないでしょうか。
従業員であれば、辞めることに後ろめたさを持ったり、留まることに責任を感じる必要はないでしょう。これらの問題の対処は、従業員の当事者ではなく経営者の仕事です。
居る価値のない会社は、我慢するのは時間の無駄だと思います。
新入生、新社会人などがかかる病の俗称で五月病がありますが、あれは適応障害と言われています。文字通り環境の劇的変化でさまざまなことがストレスになり、心身に不調が出てくるものです。
このストレスに“慣れていない”ことで、時間によって適応できるならば良いと思いますが、不当なパワハラやブラックなどがストレスだとしたら命にも関わるので辞めた方が良いでしょう。
とはいえ、若者のストレスへの耐性自体に変化があるようにも思います。個人因子もありますが、ネットで共感を得られたり同じ思いのつぶやきに出会えること、働き方改革というホワイトにしていくという表面的なイメージ、ニュースでの過労死など痛ましい事件を目にしていることなど。。。
若者の忍耐力とストレス耐性など、かなり根が深いのではと思います。
二回転職している身からすると、環境に自分を変えてもらうのでなく、自分が環境を変えてやると思う方が、上手くいく感じ。隣の芝生は青く感じるけど、隣の芝生は戦場だから。
そもそも、この議題の設定自体、ほとんど意味をなさないのでは?
記事の内容は、この話ではなく、ご自身のお話…
飲みには行きたくないタイプ (著者