新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
株価的には、通期の赤字より、第4四半期の黒字化(とはいっても9億円ですが)を見るんでしょうね。
通期赤字の主因となった第3四半期ののれん減損814億円(インスティネットとリーマン譲受分)計上は、株価的には織り込み済みですから。
想定通りの着地ですので、この内容自体は新しい話ではないですが、店舗数の二割の削減や、海外部門の縮小等で大幅なコスト削減を行うそうです。
https://toyokeizai.net/articles/-/278112

こちらに記載したので転載。
https://newspicks.com/news/3851783?ref=user_100746
先日チラッと見て思ったのは経営陣の高齢化が進んでるんだよね。昔は取締役も執行役員ももっと若かった。
注目するところは、このくだり
「欧州が255億円の赤字(同9億円の黒字)」
もっともヨーロッパから稼げるべきだが、やはり10年前にリーマンブラザーズから「割安」で買ったものは安くなかった。
それ以来、野村の足を引っ張るようになった。
これからも。
前期(2018年4~12月期連結決算)も純損益が1012億円の赤字で、4~12月期の赤字は7年ぶりでした。
【野村HD、1千億円超の赤字 7年ぶり、巨額損失を計上】
https://newspicks.com/news/3638557
支店の統廃合も進んでいるようですが、今後も気になるところ。
【野村HD、止血策では動かぬ「110兆円」】
https://newspicks.com/news/3841481
とはいえ圧倒的な高年収
野村ホールディングス株式会社(のむらホールディングス、英語: Nomura Holdings, Inc.)は、東京都中央区に本社を置くアジア最大と同時に世界的影響力を持つ投資銀行・証券持株会社である。キャッチコピーは「Basic & Dynamic」。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 ウィキペディア
時価総額
1.68 兆円

業績