新着Pick
422Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
追記(先頭に)
この記事は、既存テーマ投資がうまくいっていないからワンコインを出したというストーリーを作りたがっている様に見えますが、一切その様なことはなく、テーマ投資自体もかなりのユーザーの方に喜んで使っていただいているので、その点補足します。我々のKPIは「どこまでお客様に寄り添えるか。」それだけだと思います。

ーーーー
結論から書きますが、(書かれている方もいらっしゃいますが)PMFは顧客獲得するための考えではなく、顧客がファンになってもらっている状態を指すと考えています。
口コミが自発的に発生する状態にまでプロダクトやサービスモデルを磨き上げる。
私たちはその答えを相当深く、早く追い続けています。そしてこれからも追い続けます。どんどんいい体験やいい商品が出てくると思うのでご期待ください。

少しこの記事の補足ですが、今回の「ワンコイン投資」というサービスを、世の中のパーセプションの場所(豚の貯金箱)、顧客の顔、低い初期投資金額のハードル、運用選択なしというマスに寄り添う運用商品、LINEという生活圏ツール、手数料無料のベネフィット、と要素分解した時に、これらはwho, what, how +benefit という形で分類出来て、これら全ては1つのストーリーで一貫しています。いや、一貫していなければならない。PMFは掛け算で、1つでも間違えると一気に0点になる。

一方、金融事業というのは開発にかなり大きな工数がかかるため、PMF状態に入るか否かの判断が出来る前に、巨大工数をかけてプロダクトリリースとなる。そのため金融事業におけるPMFはあまり語られてこなかった。(あとは金融商品が基本的にはコモディティでありwhatに差異がないため重要視されてこなかったのではとも考えています)

しかし、そのギャップが世界では埋まりつつある。
アリペイやロビンフッドの登場で、中国やアメリカの資産運用の世界は大きく変わった。間違いなくPMF状態を作った。
日本は世界第3位のGDPを堅持し、1000兆円に迫る現預金を抱える国。変わり始めたら世界で最も大きなインパクトを生む国の1つとも言えると思います。(私見ですが)

我々のKPIは「どこまでお客様に寄り添えるか。」それだけだと思います。
資産運用が生活の中に根付き、元気な世の中を作れるように精進していきたいと思います。
これも中国のクローニングです。中国がコピーキャットする時代から、中国をコピーキャットする時代へ、少なくともモバイルインターネット産業ではそうなっている事例。

アリペイのYuebaoという、日本でいういわゆるおつり投信です。20兆円弱の運用残高は、世界最大運用額のMMFと言われています。
マイナス金利の日本と違い、かの国で20兆円を運用すればいかほどの益が手に入るかは想像が容易いでしょう。
そうやってお金を儲けているのです。QRキャッシュレス決済などコストセンターでしかないのです。
2018/10からLINEとフォリオが始めていた「スマート投資」。UIも見やすく可愛いのですが、10万円という金額は初心者にはちょっと手を出しづらい。
今回500円・週1回から始められる投資信託ということで、だいぶハードルが下がったように思えますが、果たして根付くのか。トップ2人に聞いてきました。
記事の中でアメリカのスマホ証券「ロビンフッド」の話が出てきますが、最近ポッドキャストの広告でもやたらと出てくるので気になっています。
ロビンフッド、利用していますが、本当に便利ですね。米国のロボアドバイザー系のアプリ(Wealthfront)も使っていますが、両方ともUXが使いやすく、これ以外の方法で証券取引する気が起きません。
簡便さと目的とサービス内容の一致は重要ですね。まさに自分の使いたいように使えているのが大きいです。
アリババのユエバオやロビンフッドなどを研究して今回のワンコイン投資を開発したそうです。二つのビジネスモデルがわかりやすく解説されています。

500円で日本人の投資マインドが広がるといいですね。
アリババの余額宝の話が出ていますが、これが爆発的に広がったのは「クリックひとつで手数料なしで購入解約でき、高利回りが確定している」ということで、特に「リスクなしで高利回り」ということが大きかったと認識しています。ある意味経済学的にはあり得ない商品だったわけでなかなかそれを再現するのは難しいですが、UXが極めて重要、というところはその通りかと思います。お釣り投資やポイント投資は入り口としては良いのでしょうが、運用の世界は「チリは積もってもチリ」だと思いますので、それを入り口にどう広げるかが大事そうです
で、手数料はいくら??と思いながら読み進め、ロビンフッドの話の中で、手数料無料の話が何度も出ていたので、無料にするのかと思いきや、1年間の期間限定ですか?1%に戻されたら、一気に価値は落ちますね。ちょっと残念ですね。心意気は良いので、使ってみたいですが。

甲斐 手数料の話をすると、われわれがやるワンコイン投資の運用手数料は、預かり資産の1%(年率)なのですが、2019年4月25日から最大1年間は、運用手数料を無料にします。
週1回500円から投資可能なので初心者にはとっつきやすそうですね。
ただ、リテールで小口だとビジネス的にはかなり厳しい感じがします。個人情報の管理やマネロン対策等、顧客が増えればそれだけ手間もコストもかかってきますから。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
45.9 兆円

業績

業績