新着Pick
343Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
電気自動車用のリチウムイオン電池の需要は基本的に増える一方です。その中でパナソニックがコストで優位に立つ中国勢などとどこまで互角に闘えるのか。日本国内での増産対応は難しい決断を迫られたゆえだと思います。
テスラの成長戦略の中心にはこのモデル3があって、廉価版だけに生産台数が重要になる。そんな中、大阪の住之江でモデル3の電池が作られるとか胸熱。
テスラは、パナソニック以外に中国の電池メーカーCATLとも協力関係にある。
https://business.nikkei.com/atcl/report/15/264450/031200087/
電池の生産能力を言うと、CATLのほうが大きい。
多分「ギガファクトリーで作りたくない」ということなのだと思う。
ギガファクトリーはTeslaとの共同運営、たぶん他社に売れないといった条項がある。自社工場であれば投資をして、Teslaがダメだったとしても他社に売ることができる。あとは現実論としては、ネバダから運ぶより特にこれからTeslaが工場を立ち上げる中国には近いから、サプライチェーンを短くできる。

もう一つ、色々パナのせいにされているが、交渉力はパナの方が上なのだと思う。
ギガファクトリーではないのに他社を選ばなかった。またそもそもパナがこの方針を口に出したのも、結局他社が品質・量やバッテリーの制御などがこれまでパナ電池で知見をためてきているという点で、実質的に代替するのが難しいという現状を示唆しているのだと思う。

もちろん共同運営ではないので、Teslaはサプライヤーを変えても痛みは受けなくなる。その意味で、代替はこれまで以上に真剣に探していくとは思う。
ただギガファクトリーが現在の共同運営という形である限り、お互いに完全には切れない。
生産遅延をパナのせいにされてますからね。

「テスラ生産計画無茶苦茶じゃん。こんなんならギガファクトリー投資はナシだ。既存工場で充分」ってことでしょう。
テスラとパナソニックについてはいろいろな話がでてきます。
それだけ注目されているという事ですね。
なによりも日本に工場をつくるのは良いですね。雇用は生まれるし、税金も落ちます。そして技術が日本に蓄積されるのが嬉しいです。
中国に負けてほしくないです。日本の最後の砦だと思っています。
「パナソニックは大規模投資を抑えつつ、需要変動にも対応しやすい日米2極生産体制が最善と判断し、テスラに申し入れた」とのこと。
これ、何が書いてあるかさっぱり分からない。
パナソニックの言い訳をそのまま記事にしているからか?
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.15 兆円

業績

時価総額
4.19 兆円

業績