新着Pick
337Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【ブレない軸でいまもこれからも価値ある企業に成熟】

MicrosoftはかつてはWindowsでインターネット時代を切り開いた最も影響力のある企業でした。コンシューマーからすれば現在はGoogle、Apple、Facebook、Amazonの方が身近かもしれませんし、検索、モバイル、コミュニティ、EC、メディアといった分野をみれば、MicrosoftがGAFAと肩を並べると見ることはできないかもしれません。

しかしGoogle、Amazonにとって、MicrosoftはB2B企業として打ち崩せない強大な力を持っています。世の中がGAFAに沸く2010年代、B2Bにフォーカスした成熟に集中してきたわけです。その上で、コンシューマー向けにも新しいアプローチをいくつも試しており、成功している部分もあります。

例えばSurfaceシリーズ。MacBook AirでMac復権とコンピュータ市場でもトレンドを作り出しかけたAppleを押さえ込み、しかもAppleが得意だった教育市場、クリエイティブ市場まで奪い取りました。またLinkedInの買収で、ビジネス市場の「人の動き」という、Facebookよりも企業が有益と考える情報を押さえるようになりました。

Pepsiからジョブズに口説かれ、ジョブズ不在時大半の期間CEOを務めたジョン・スカリー氏は、昨年Appleが1兆ドル企業になった際、Appleを「いま価値のある企業」として時価総額が1兆ドルを超えたと解説しました。Google、Amazon、Facebookは、「これから価値がある企業」として評価を集めていると分類しています。そこからすれば、Microsoftは、いまもこれからも価値がある企業、と見ることができるでしょう。
メインの事業がサブスクのAzureとOffice365になり、従来以下の営業コストでどんどん収益を上げる訳です。一般的には、ここで更に営業のケツを叩き、更なる上を目指すことも少なくないかもしれませんが、そんな無理な営業活動もすぐに頭打ちになることが明白なので、日本MSは更にその次の時代を見据えて週休3日制を導入し、余裕のある内に業務改善を推進すると。
クラウド部門の売上は最大手のアマゾンAWSとの差を着実に埋め、クラウド版Officeやリンクドインなど成長期待されてる部門が悉く予想を上回った。時間外で株価5%近く上げ今日にも時価総額1兆ドル突破しそう。ナデラは現世界最強のターンアラウンドCEOだ
FBに続きこちらMSも完璧決算。米国経済、米国株価は我が世の春。よって逆に緊張感が継続するという状態がはやウン年...
アジュール、Officeのサブスク化、すべてが絶好調で今のところ死角無し。中興の祖インド人一世移民経営者サティアナデラは天晴。
Facebookに続き、Microsoftの決算も完璧。総売上高は14%増の305億7000万ドル。アジュールなどを含む「インテリジェントクラウド」部門の売上高は73%増の96億5000万ドル。
マイクロソフトの株価は時間外取引で5%程度上がっていますね。事業のポートフォリオがバランスよく組まれているマイクロソフトは、FBの業績とは同じ土俵で語れないのではないでしょうか?
今日の夜が楽しみです❗️
この規模で2桁増収、2桁増益を実現できるのはすごいとシンプルに感じます。それだけビジネスインフラが強固であること、クライアントからみていつ自社の競合になるか読みきれないAMZN・GOOGとは異なる明確な立ち位置にあることが追い風なのでしょう。
 ただ、LinkedInはどうするのかなあと。。。
マイクロソフトの第3四半期決算は市場予想を上回り好調。マーケットも好感しています。
https://cnb.cx/2Pxx2XO
OS、クラウド、ゲームと良いポートフォリオを組めている。流石だ。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
127 兆円

業績