新着Pick
183Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
2回の黒田バズーカ、マイナス金利政策導入といったあたりまではインフレ目標達成を通じた実体経済の底上げを目指して本気で緩和をやっていたが思うように効果が現れず、最近は、ともかく緩和姿勢を続けなければ円高・株安になりかねない、実体経済面で効果があろうがなかろうがともかく緩和姿勢を見せ続ける、というところに重点が移っているように感じないでもないのは私だけ (・・?
普通、これだけのことを6年やって成果が上がらなかったら「金融政策だけでは無理」という結論になるのが自然でしょう。もっともだからこそMMTなどという代物が取り沙汰されているわけですが。
2%はいってませんが、少なくともデフレではない状況になっており、雇用もかなり改善してますけどね。
逆に緩和やめたら、円高デフレに戻り、雇用環境も悪化するでしょう。
米国とユーロ圏が金融政策の正常化を休止して、実質的に緩和スタンスに傾いているのに対し、日銀だけは現状維持なので、相対的に引き締め感が漂っています。なんらかの追加対応が必要かもしれません。
日銀の皆様には、アインシュタインの言葉をお贈りします。

愚かさとは同じことを繰り返しながら、違う結果を求めることである。
この記事の緩和や緩和策などのワードを「努力」と置き換えても、その情報量は変わらない気がする。いずれにしてもあまり意味ははっきりしない。

6年たって、ということで言えば、この間これだけ話題となった金融政策について殆ど理解が進んでいないのでは?と思えることの方が驚きであり残念である。「金融緩和」とは言うが、一体緩和とは何か具体的にコメントする人は殆どいない。一般の方々は仕方ないにしても、肩書きを見れば専門家と思われる人達のそれは、一般の人と殆ど変わらない。敢えてそういうコメントをしている人もいるとは思うが。

中央銀行の金融政策は、金利体系を誘導することで、誘導される金利は物価変動を調整した実質金利である。中央銀行は短期の名目金利を操作することで実質金利体系を誘導するのが常套だったが、この20年日本は操作する政策金利がゼロに達した。そのような中、金融政策として何ができるのか、学界では議論が続いている。

黒田総裁に代わってから、日銀は期待に働きかける金融政策を標榜して、量的緩和と物価目標を主要な政策手段に位置付けた。政策金利がゼロのままでも、物価上昇予想が起これば、予想ベースの実質金利が下げられるからだ。だから物価目標は単なる努力目標などではありえないのだ。

しかし、実際は物価上昇は起こらないし、起こりそうにもない。緩和とはいうけれど、実質金利を下げることには殆ど失敗しているという意味では緩和など実際は大してされてはいないのだ。一般の無知をいいことに大規模緩和と言っているのか、日銀政策委員会自体が、自分達のやっていることすら理解していないのか、と思えるほどだ。

この6年間は、実験ではあったので意味がなかったとは思わない。しかし、実験には失敗がつきものであり、実験の失敗をきちんと判断することも必要だ。もちろん、この6年の間で緩和効果が全くなかったわけではなく、長期国債を大量に購入したことで長期金利がゼロ近辺に下がったのは本当の緩和である。ただし、それはこの6年の間で、長期金利を1%程度下げたにすぎず、物価上昇目標未達の中、日本経済を再び成長経路に戻すには不十分であった。

私は、残された有効な緩和策はマイナス金利深掘りしかないと考えている。唯一ではあっても、それに望みがあるのは論理的には効果が十分ありそうだと思える事である。
枩村さんと永濱さんのコメントを是非ご覧いただきたい。
2012年までの超円高を思い出すと、日本も緩和をしていた。ただ、経済規模がより大きいドルがひたすら緩和政策を続けていて、風船と風船ガムの押し合いみたいな感じで、相対でのパワーが圧倒的に弱かった。そしてその後、米国が緩和拡大の報告をやめて、日本が緩和拡大をした。
足元で世界の景況感が懸念されるなかだと、また相対で圧力がかかるフェーズが来た時にどうするか。
物価安定目標が日銀の所管であるからといって、現状を日銀のみの責任に帰するのは酷というものでしょうね。デフレの長期化から脱するのに金融政策と財政政策の両輪で協調的に政策実行するのが必須のところ、これまでどちらがどうだったかを考慮するのが必要不可欠だと思います。
消費増税と緊縮財政のせいであって、むしろこれで金融緩和してなかったらどうなってたか怖いわ。コメント欄見ると、想像力のなさにゾッとする
「異次元の金融緩和」が上手く行かない事は始める前から判っていた

白川前総裁は正しかった

見えぬ2%物価、限界論強まる=異次元緩和から6年
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040400864

異次元緩和の副作用は明白 竹中氏「政府は成長戦略に本腰を」
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190404/mca1904041138011-n1.htm

「根本原因はデフレではない」 白川前日銀総裁が5年半ぶりに語った
https://www.j-cast.com/2018/10/22341777.html