新着Pick
367Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これをズバって言える佐渡島さんのポジションが独自のものだなぁと感じます。

> 地方特集はあくまで一例だが、「今後5年間で、NewsPicksは社会をこういう風に変えます」という宣言があってもいい気がする。
NewsPicksの親会社であるユーザベースは「経済情報で、世界を変える」というミッションを掲げているが、具体的に「どう世界を変えたいのか」が知りたい。
結局、経済には政治、文化、経済等、社会的な要素も影響するので、よりポピュラーになるためには経済以外の要素の強化も必要か。ビジネス以外だと掘り下げが足りなかったり、テック至上主義的で浅薄なコンテンツも目立つ。
家入さんは先日のUPDATEで弱者への配慮を訴えていましたが、この佐渡島さんのご指摘の面もNPに足りてない部分だなと強く共感するところです。都道府県毎の特集というのも、包摂的な方向性という意味では同じベクトルを向いていますね。

ただ、強力な調査報道は諸刃の剣で、FACTAのように常に訴訟を抱えながら、企業広告を殆ど載せられない媒体の道を選ぶ、ということにもなり兼ねませんし、人々の溜飲を下げる大手企業のスキャンダル、政治権力の腐敗、責任追及、あるいは人事情報など、人間を対象としたある種のネガティブな感情を原動力にしがちです。(既にゴーン報道はそうなってる面がありますが)

そういうメディアも必要と思いますが、多くの人が日々目にすべきものを「天下を取るメディア」だとした時、それがNPの歩みの延長にあるのかどうか、私には疑問に思いました。

また、企業だけが経済ではないというのはまさにその通りで、いかにグローバル企業が租税回避していても、それはグローバルな国際秩序にフリーライドしているだけで、経済が人間の営みである以上、完全に自由な経済活動の行き着く先は、対立と混沌しかありません。

私は、NPがおよそ「経済メディア」を自認するのであれば、より包摂的な方向に向かって欲しいなと思っていましたが、

箕輪さんが4/16のUPDATEで、NPに欠けてるものを補填しても意味ない、みたいなことを仰っていて、

開始2分ごろ
https://newspicks.com/news/3828813/

経営戦略としてそういう考えも成立し得るし、もしNPがその方針(例えば新しいっぽい事に価値がある、など)で「経済メディア」として「天下を取る」(≒メディアビジネスとして成功し他のメディアを圧倒する影響力を得る)ことを目指すのならば、私個人としてはもはやNPに可能性を見出せないので、アンチに回るしか無くなってしまうなと思います。

私はコメント欄のエコシステム設計が「絶妙だった」ことがNPの価値だと思っていたんですが、時代の徒花だったんでしょうかね。
色々な意見があって面白いですね。

せっかくなので、私個人の意見を言わせていただければ、社会はこうあるべし、と高所高段から論じるメディアはオールドメディアに任せておいて、逆に初心を貫き通しもっともっと経済にこだわったらどうかなと思っています。

私の会社はNewsPicksの親会社であるユーザベースのSPEEDAの古くからのユーザーです。
最初に知り合いからSPEEDAを紹介された時、これこれ、これが欲しかったんだ、と本心から思ったものです。
つまりSPEEDAを有するNewsPicksは、本来誰よりも数字というファクトに何より強いメディアなのです。

ここに、ビジネスなどしたこともないアナリストやらジャーナリストがご高説を垂れるのではなく、無数のユーザーと言う名のビジネスパーソンがコメントという形で記事を掘り下げていく。
すごく簡単にいうと、私のNewsPicksのイメージはいわば「みんなで作る日経新聞」(笑)なのですね。

みんなで作る朝日新聞や読売新聞もそれはそれで捨てがたいものがありますが、やはりそれも経済という柱あってのことだと思うのです。
ベンチャーとして、コルクも僕自身も、たくさんNPに引き上げてもらっているじゃん、という声がきそうだけど、あえてそこは遠慮せずに意見を伝えました。笑
個人的には煽り方向に意識し過ぎたNPコンテンツを読む事はほとんどありません。そろそろ惰性で続けていた有料会員は抜けようと思ってます。

それより、コメント欄の過疎化を改善して欲しいものです。

どの記事のコメント欄も見た事ある人ばっかりで、有力ピッカー以外がコメントしづらい方向に加速してるように思います。

NPの価値はコメントかと思います。
そこをなおざりにされるのなら、コメントもやめようかと思ってしまいます。
今の世にいう「スピード感」というのが「数字に飛びつく」ということでしかない場合は非常に多いですね。
>「NewsPicksはどの記事が読まれているかが数値でわかるので、価値のあるものよりも、数字がとれるものに寄ってしまっている感じがする」

全体的に、共感できるご指摘が多いですが、
>「深い裏取りをした調査報道、ノンフィクションとしっかり呼べるものを年に4本くらいは出して、社会を変えていくようなメディアになってほしい」
というところは特に共感します。映像によるドキュメンタリーというかたちでもいいのですが、ノンフィクションやドキュメンタリーが衰退しているのは、儲からなくなったからです。しかし、長期的に読まれる価値のあるものは、他の人がしていないような仕事です。それは、どうしても時間をかけた丁寧な仕事になります。また、そういうものでないと、独自の社会的影響力は持てません。
 もちろん、数字は大事だし、儲かる必要があります。全国区は目指さないで、ベンチャー界隈の業界紙として手堅くいく、というのもメディア産業の一つのやり方です。一方で儲かって広く読まれ続ける調査報道、ノンフィクションを出し続けることができれば、それは既存のメディアとは違う、新しいメディアでしょう。
「天下を取る」というのがどういう状態を指しているのか分かりませんが、いずれにせよ現在は少々結果を急ぎすぎているように感じます。

他のアプリは基本的に記事を流すだけ※のところ、NewsPicks(ユーザベース)のみが
・良いコメント欄、ユニークなピッカーさんたち
・SPEEDAのような調査能力
を揃えています。経済活動全体を俯瞰しながら、深さも同時に追い求められる素地があるのだから、地味ですがそこに注力して頂くことを強く望みます。
※最近はコメントできるサービスも増えてきているようですね..

僕はマテリアル関係で光栄にもおススメさんに選出頂きお陰様で材料関係ニュースで言いたい放題書いておりますが、それは利用の主目的ではありません。いち利用者として言えば単に経済ニュースを読んで色んな人の意見を知りたいからこのアプリを使っているのです。


以前、佐々木CCOは読書の効用について「骨のある読書をしてきた人とそうでない人は、大人になったとき、埋めがたい差が生まれます。」とコメントされていました。これはいい言葉だと思います。言い方を変えればニュース記事を「発信」する場合にも例えることができるのではないでしょうか。
★見城社長
「情報の断片」をかき集める読書に意味はない
https://newspicks.com/news/3076516/

NewsPicksは「世に出回っている経済ニュースをどこよりも深く知れる場であって、その上で、落合さんや箕輪さんのような熱意ある人達が参加してくれて独自のコンテンツも発信している」というサービスになっているのがヘンテコでユニークで面白いのです。
見栄えのするコンテンツをかき集めただけだとそのうち骨抜きのヘロヘロになっちゃいますよ。

と勝手なことばかり書いていますが良いサービスだと思っています。
中の人の熱意も伝わります。
優れた「ニュースを読める場所」であってほしいと願っています。
「NewsPicksは、「ジャーナリズムとは何なのか?」ということを、しっかり考えるタイミングが来ているんではないかと思う。NewsPicksはどの記事が読まれているかが数値でわかるので、価値のあるものよりも、数字がとれるものに寄ってしまっている感じがする。」(記事引用)

私のゼミ生の日経記者が、ジャーナリズムの新潮流を3類型にまとめ、新しいジャーナリスト像を明らかにする修論に取り組んでいる。NewsPicksも、その新類型の1つ。佐渡島庸平さんが本記事で指摘していることも含め、ジャーナリズムの社会的使命を、今一度原点から見つめなおし、新しい世界を示すべきタイミングだと思う。
ジャーナリズムが追求すべきは、強者/勝者を追いかけることよりも、ヒューマニティに光をあてること。

人は正論通りに生きられないし、罪を犯します。その生身の「すごくない人間」の迫真の姿を描き出すことは容易くありません。

「すごいヒーロー」として語らせるのではなく、生身の「すごくない人間」に語らせるためには、インタビュアーの力量が必要です。

このあたり、例えばBBCの短編特集やNY Timesのポッドキャスト「The Daily」は素晴らしいと思います。
この連載について
NewsPicksのオリジナル記事に登場するイノベーターの名言、人気インタビュー、人気シリーズをハイライトしてお届けします。