新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「山本氏は収益悪化が地銀にリスク・テイクを強いていると指摘し、理由を2つ挙げた:
・「地方での資金需要の減退」
・「金融政策」
日銀による大規模な国債買い入れが「地銀の伝統的な運用手段を奪」ったとしている。 国債利回りがゼロ近傍・マイナスになれば、そこから国債を買うのは難しい」

珍しく私がこれまで書いてきた意見に近い。

地銀の収益悪化は地方経済の疲弊がまずあって、それは何年も前からの傾向だろう。

マイナス金利をやり玉にあげる人が多く辟易だが、このように利鞘の縮小は量的緩和からきている。
なんともいない皮肉の効いた記事。経済的な効果は別として、規範的に日本にはこうした政府の介入を毛嫌いする議論が少ないように思います。